« 天からの授かりモノ。。。。か? | トップページ | ヌマチチブの「ふみお」その後 »

2004/04/20

真空管のピンチ!

時代はとうに21世紀を迎え、ハードディスクは120Gが9000円で買え、探査機は火星から映像を送る世の中になったのだが、ギターアンプは未だに真空管の世界である。
トランジスタ技術も進歩しまくり、今やギターアンプもデジタルモデリングの世界になり、シミュレータがもてはやされる時代でもあるが、やっぱり真空管アンプは手放せない。
その圧倒的な音圧もさることならがら、ゲインを上げたときの歪みかたの心地よさ、存在感はシミュレーションでは表現しきれないからだ。
しかし。
その取り扱いには注意が必要だ。
真空のガラス管の中で怪しく光る電極はデリケートなもので、運搬はもとより、電源の投入、切断にも気を遣うことがある。
先日のライブでのこと。
コンソールのレベルを調整しつつ、ふとアンプの裏を覗いたら、あんびりーばぼーな光景が!
tube01.jpg

ぶち曲がっとるやんけ!
しかもパワー管。。。。
足まで出ちまって、なんだかヤバイ感じ!

この時点で、 Cross Hairの須貝氏がバリバリ使用中。
音に合わせて真空管も震え、今にも落ちそうな勢いだ。
(ストッパーが効いているので落下することはないのだが)
音はどうなるのか、、、、と、杞憂する甲斐もなく、いつも通りのサウンドを平然と放ちまくっている。
鳴っているならたいした問題ではないのかもしれないが、「見てしまった」からには気が気ではない。
演奏終了後、管が冷えるのを待って修復したが、真空管特有のトラブルと言えなくもない一例であった。

|

« 天からの授かりモノ。。。。か? | トップページ | ヌマチチブの「ふみお」その後 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/469048

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管のピンチ!:

« 天からの授かりモノ。。。。か? | トップページ | ヌマチチブの「ふみお」その後 »