« 浅間山の火山灰 | トップページ | なめてみた »

2004/09/20

羽生吉沼プリプラクティスっつーか。

来るべきNHC第5戦、羽生吉沼大会の練習に行ってきました。
まだしつこい夏がちょいと残ってて、蒸し暑い感じの残る状態でしたが、水の中はどうやら秋の気配です。
 
今日は底釣りにチャレンジ。
ヘラが3枚、鯉も2枚ほどゲット。21尺の竿ってやつぁ〜手強いな!
(というか重い)
羽生吉沼で底釣りをやるには必要な長さなんだけど、あまりの重さに二時間ほどで音を上げてしまいました。
右手がぷるぷるしちゃったね〜。
しょうがないので、その後は8尺でカッツケ!
奇跡のような軽さにしばし感涙しながらの釣りで、
結局70枚、40kgの釣果でした。

で、吉沼と言えば、なんと言ってもこのキャラクター。
wataka0920.jpg
ワタカでやんす。
 
まー、元気で元気で。
なかなか写真を撮らせてくれないのだ!
どうやら彼なりに必死の様子。
しかし、むりやり撮るのでありました。
 
いやぁ、釣れると楽しーなー!
外道もたくさん混じるけど

|

« 浅間山の火山灰 | トップページ | なめてみた »

へら釣り」カテゴリの記事

コメント

よー釣れましたな。インパクト的にはこないだの府中以上かも・・

しかし、吉沼のワタカさんは関西の方でしたか。

投稿: 北さん | 2004/09/21 13:35

こーゆー話し方をすると関西ではお友達が増えるんだよ、って北さんに教えられたんですが。

ちなみに、元々はゲンゴロウブナと同じく琵琶湖、淀川の固有種であり日本特産種だそうです。

あっ!

ボケー!の前に「アホー!」を入れ忘れた!
ごめんなさい。

投稿: いたる | 2004/09/21 14:49

そうですね、「アホー」が入ると完璧です。
お友達が増えて、顔の体積が倍くらいになるまでフクロにされるやもしれません(^^;; お気をつけください。

そうですか、ワタカさんは琵琶湖からいらっさいましたですかー・・

話は違うが、昨日吉沼にもぐって漁をしてた黒い鳥が「カワウ」ってやつですかねぇ?

投稿: 北さん | 2004/09/21 15:58

え"?
そんなん居たの?
カワウは困ったちゃんだぞ!
北さん>駆除よろしく

投稿: いたる | 2004/09/21 19:03

え゛っ!
海水パンツださなくちゃ・・

投稿: 北さん | 2004/09/21 21:03

羽生吉沼は淡水ぱんつ。

投稿: 兎夢 | 2004/09/22 00:26

>淡水ぱんつ
海ではいたら、溶けてなくなる鴨・・・

投稿: 北さん | 2004/09/22 18:21

淡水ぱんつをはいて海に入るのは、病気の時だけです。
白点病とか。
(アクアリストねた)

投稿: 兎夢 | 2004/09/22 23:39

メチレン・ブルーのお風呂に入ってみようか・・・
淡水ぱんつはいて
肩こりがなおる鴨・・

投稿: 北さん | 2004/09/24 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/1481314

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生吉沼プリプラクティスっつーか。:

« 浅間山の火山灰 | トップページ | なめてみた »