« 紐約市環境清潔局 保持華埠清潔 | トップページ | TAD三浦ブルースショウ »

2004/12/04

おニュー浮子箱制作

某バスショップ「藻」の高橋さんからなが〜い底釣り用の浮子を譲っていただきました。
21尺の底釣りで活躍してくれそうなんですが、、、、
長すぎて今までのウキケースでは収まらなくなってきました。
 
そこで。
ちょいと渋めに桐材で作ってみたですよ。
 
ukibako1204.jpg
 
まぁ、そこそこの出来。
(例によって写真のマジックでキレイに見えている)
 
全長60センチのこの箱は、桐を焼いて仕上げてあります。
なんと、このマテリアルは100円ショップダイソーで買ってきたのだ(^o^/
 
桐という材料は高いイメージがあるけど、600×150×6mmの焼き桐が一枚ひゃくえん!
使わない手はありませんぜ。
(桐以外の材料はもっと掛かってますけどね)
大きなダイソーを見つけたら即買いしておきましょう。
 
さて。あとは羽生吉沼でデビューを待つだけだっ!

|

« 紐約市環境清潔局 保持華埠清潔 | トップページ | TAD三浦ブルースショウ »

へら釣り」カテゴリの記事

コメント

いつもながら、オミゴト!
しかも、今回は桐を焼いて仕上げるという、かなりシブ~イデザイン。
実物を拝見するのが楽しみです。

投稿: matsu | 2004/12/04 17:51

そーそ、玄人ウケしそうなトラディショナルデザインなんですよ。
実物はまぁ、、、、、、、
近くで見なければ美しいです(^^;
なんといっても以前のウキケースよりずーっと軽量なのがいい感じ。
(だけど雨にスーパー弱そう。。。)

投稿: いたる | 2004/12/04 20:56

ほんと、オミゴト!
これに焼印「いた子」を入れれば、ヒット!
いやいやホームラン! :-P

投稿: asa | 2004/12/04 22:00

焼き印かー!
それってイイかも。。。。

って、どうやって作るのぢゃ?

投稿: いたる | 2004/12/05 00:51

ハンダごてで字をかいちゃえ!

投稿: 北さん | 2004/12/05 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/2149263

この記事へのトラックバック一覧です: おニュー浮子箱制作:

« 紐約市環境清潔局 保持華埠清潔 | トップページ | TAD三浦ブルースショウ »