« 結局行ってきた>隼人大池 | トップページ | オオクチバス »

2005/01/31

PowerBookG3 Pismo バックライト交換

先週発注したPismoのバックライト(CCFL)は、二日後に無事到着しました。
もちろん速攻で交換!したのは言うまでもございません。
 
50131pismo
       ↑
もう引き返せない道を歩むPismo
 
とあるサイトを参考にしつつ、バラしました。
カバーを開けて、ビスを外して。
配線を外してテープを剥がして、、、(剥がすのか?)
シールを切って!(切るってなんだぁ!)
ようやく出てくるバックライト。
慎重に直径2ミリ程のこの蛍光管を取り出す、、、、途中で
 
 
ぽき!
 
 
うあぁぁ!
もうホントに引き戻せない!
 
覚悟を決め直して、さらにその端子にハンダゴテをあてて配線を外します。
慎重に慎重を重ねておニューのCCFLのリードをサイズに合わせて切断し、、、
ハンダ付けをしましたです。
 
もーこの時点で手は冷や汗でべっとり。
 
それをケースに戻すのも一苦労なのだ。
さっき折ったばかりだし、新品をぶち折ったら、この作業自体が「やってもうた」状態になるわけで。。。。
 
手に汗握る作業なのでした。
 
ま、なんとか交換には成功し、起動直後の赤い画面をみることは無くなりました。
明るさも若干アップしてたし。
(CCFL交換、もう二度とやらないと心の中で誓いました)
 
でも、コントラストは変わらないです。
ちょっとがっかり。
写真などの表示にまるっきり立体感が無い状態は、全く良くならなかったのです。
ちぇっ。
 
と、思ったら。
なんと、コントラスト調整があったんですね>OSX
 
いや、今までもシステム環境設定からディスプレイの中で色調整(ガンマ調整)を色々いじってたんですけどね。
なんと、ディスプレイコンパネぢゃなくて、ユニバーサルアクセスで調整する事になってたんですよ!
 
なんかこれ、変ぢゃないの?
イマイチ、コンパネ系統の統一感がつかめないんですけど?
 
ま、なにはともあれ、画面はキレイになりました(^o^/
しかも、今日ようやくバッテリーも届き、晴れて「モバイル機」の復活です!
 
動かせない有線パワーブックって、かなり使いにくかったよ(^^;

|

« 結局行ってきた>隼人大池 | トップページ | オオクチバス »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

スゴイな、、、
オペ成功、おめでとうございま~す!

投稿: asa | 2005/01/31 21:04

いやぁ、、、、
成功したから良かったんだけどね(^^;
もうやりません。はい。

投稿: いたる | 2005/01/31 21:21

乙です。これであと3年はつかわないと元がとれないですかね?

投稿: 北さん | 2005/02/01 08:20

それほど高い部品ぢゃないですよ。
CCFLが6000円ぐらい、バッテリが二万円欠けるぐらい。
確かに3年は余裕で保つなぁ。
それまでに新しいのを買うと思うけどね。
(ってか、そうありたい)

投稿: いたる | 2005/02/01 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/2760520

この記事へのトラックバック一覧です: PowerBookG3 Pismo バックライト交換:

« 結局行ってきた>隼人大池 | トップページ | オオクチバス »