« 北さんにも解る!ストラト調整法!!シンクロナイズドトレモロアーム編その7 | トップページ | 北さんにも解る!ストラト調整法!!シンクロナイズドトレモロアーム編その9 »

2005/02/23

北さんにも解る!ストラト調整法!!シンクロナイズドトレモロアーム編その8

原理が解ったところで早速オクターブ調整をやっつけましょう。
必要な物は、サドルを調節できるドライバーと、カポタスト。
チューニングメーターは、、、まぁ、、、、使っても良しとしましょう。(自分の耳を鍛えることも重要です)
 
そーだ!
その前にサドルの高さをぎっちり出しておきましょう。
小さなイモネジを廻して、指板のRに合うように。
一つのサドルに二つのイモネジが有るわけですが、高さは二つとも揃えてください。傾くと弦がズレますぜ。
50223sadle


さぁて、キーポイントは「カポタスト」です。これは必需品。
いたる的には演奏に使うことは無いけれど、調整には欠かせません。
 
なんでカポ?
と、お悩みの北さんへ。。。
 
ハイパー重要なことなんですが、、、
開放弦と12フレットのハーモニクスを比較してのオクターブ調整をしてしまうと、開放弦と12フレットだけは合いますが、他の11ポジションでは「合うわけがない」んですよ。
なので、私は12フレットでの調整はいたしません。へい。
 
何故かというとですね、、、
これをよくみてくだせい。
 図その18

一番上が、開放弦。
真ん中が、1フレットを押さえたところ。
下が、2フレットを押さえたところ。

ポイントは、フレットを押さえると弦がこれだけ曲がっているって事ね。
前回書いたけど、これだけ弦が曲がればテンションも上がる。
ってことは、音程も上がるぢゃん!
 
特に、開放弦と1フレットのテンション差は激しいのです。
ナットやフレットは、倍数の比で数学的に決められているのですが、実は弦振動はこんなテンションの差に邪魔をされて、精確な音程が出せません。
 
なぁんだ、それぢゃどうすればイイんぢゃー!
と、お嘆きの北さんへ。
解放と1フレのテンション差はでかいんですが、1フレと2フレの違いは少ないんですよ。
よーく見てください。
実は、弦とフレットの距離が有ればあるほど、テンション差は激しくなり、音程差は不安定になるんですが、1フレと2フレなら、それほど違いは無いのです。
 図その19

テンションが違ってくる直接の原因は、ナットの高さにあります。
「この高さが大問題!」と書いたように、これが高ければ高いほど、フレットを押さえたときのテンション差が大きくなります。
いわゆる「フレット音痴」になるわけで、どんな名人が弾いたところで音程は決まりません。

その対策として、ナットの高さを極限まで下げる、という方法もあります。
しかし、これは開放弦でビビリを生じさせる原因にもなるので、限界があります。
 
それでは、テンションを考慮して、ナットをブリッジ側に移動させる?
 
それは実に正しい!
っつーか、それこそがバズ・フェイトン・チューニング・システム「Buzz Feiten Tuning System」の原理ですね。
(特許なんか取りやがって!)
 
しかぁし、どちらにしても北さんの手におえる解決方法では有りませんねぇ。
 
それではどうするか!
 
結論。
解決しない!
 
そう、ほっとくのだ(^_^;
出来ないモノは出来ない。
諦めよう!

|

« 北さんにも解る!ストラト調整法!!シンクロナイズドトレモロアーム編その7 | トップページ | 北さんにも解る!ストラト調整法!!シンクロナイズドトレモロアーム編その9 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/3048962

この記事へのトラックバック一覧です: 北さんにも解る!ストラト調整法!!シンクロナイズドトレモロアーム編その8:

« 北さんにも解る!ストラト調整法!!シンクロナイズドトレモロアーム編その7 | トップページ | 北さんにも解る!ストラト調整法!!シンクロナイズドトレモロアーム編その9 »