« ■2006年NHC関東-A シリーズ 第3戦『羽生吉沼』 | トップページ | フットコンエレキ、シャフトカット作戦その5、予想外の落とし穴の巻 »

2006/10/30

フットコンエレキ、シャフトカット作戦その4、配線材を替えてみるの巻

コミュテータもすっかり綺麗になり、さっさと組み上げたいところですが、バラしてみるとあれこれ気になる部分が出てきました。

この配線材ですけどね。。。
途中で何回も圧着の繋ぎが入ったり、太さがバラバラだったりしてます。
大体、エレキの電装系統ってのは何故か限界が低いんです。
ON-OFFのフットスイッチやら五速切り替えのロータリースイッチがよく焼けてしまうのは知られた事実。
焼け切らなくてもすげー熱を持ってしまう部分であり、接点容量不足を証明しているとも言ますから、、、
配線が焼け切れて山中湖で漂流したこともあったなぁ。。。。

じゃ、配線はぶっとくしよう!
という方針に決定。ぽん。

で、しなやかなOFCケーブルをヤフオクでゲット。
8sqと5.5sqです。
きれーな配線
クルマ用のアーシングケーブルを流用してみました。綺麗でしょ?

モーター本体もバラバラにしたことなんで、ブラシからチョクで5.5sqを繋いで、そのまんまバッテリーまで一本で行けっ!
と。思ったけどそりゃ無理だ。
スイッチやらなにやらが色々入りますから。

でも、できるだけ繋ぎは無いようにしてみたですよ。
極力配線はシンプルに。
ピニオンギアの内径が決まっているので、事実上5.5sqが二本と1.25sqが二本入ったらキツキツの限界です。これ以上は太くできないんですね。
きついのだ

さて、ブラシマウント(ホルダー?)の所に5.5sqを半田付け、、、しようと思ったら穴が小さくて入らない!
仕方なく丸端子をくっつけて3mmのビス止めとしました。
ここが配線としては一番細くなる所かも。
ブラシユニット
しかしだ。実はマイクロスイッチやロータリースイッチの接点の方ががそれよりも小さいようです。
だから、配線を丈夫にするとスイッチが焼け切れやすくなる可能性が大!

そもそも。
このブラシ本体と配線までの網線だって細いぢゃん。
。。。。
ここが焼けると面倒だな。
ん〜〜〜〜。
まぁ、いいや。とにかくやってみよう。
使ってみて焼けちゃったら、そのとき考えるとして。
(いいのかこれで)

さてさて、あちこちに使われている平型ファストン端子(ファスン端子?)。
この横型ってのは滅多に入手できません。
っつーかエレキの配線以外、見たこと無いんですけど。。。

換えの部品がありませんから、うまいことバラして、太い線を半田付けして使用しました。
横型ファストン端子
接点はスチールブラシで磨いてね。
ちょっと荒技だけど、まぁいいでしょ。だめ?そんな。。。。


配線はそのまま一気にヘッド部分を通り抜け、フットコントローラまで行きます。
途中の繋ぎは無しだ!
組み立て
フットコン内部の配線はシンプルに。
殆どを5.5sqで作り直し、バッテリーに行く配線は8sqを奢るぜ!
ふっ。
今回配線だけで三千円ぐらい掛かってるな。

さて、作業は順調に進んで居たのですが、思わぬ所に落とし穴が!

ああっ!

その5に続く。

|

« ■2006年NHC関東-A シリーズ 第3戦『羽生吉沼』 | トップページ | フットコンエレキ、シャフトカット作戦その5、予想外の落とし穴の巻 »

ボート・エレクトリックモータ」カテゴリの記事

コメント

おー、見違えるようになってきたなぁー。
木○さんが施してくれた数々の細工が、今新たになるっ!!
いいねぇーっ!!

投稿: 北さん♪ | 2006/10/31 19:03

>北さん
見違えりましたよ!
○村さんの配線は殆ど撤去ですよ(^^;
いいでしょ〜

投稿: いたる | 2006/10/31 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/12493629

この記事へのトラックバック一覧です: フットコンエレキ、シャフトカット作戦その4、配線材を替えてみるの巻:

« ■2006年NHC関東-A シリーズ 第3戦『羽生吉沼』 | トップページ | フットコンエレキ、シャフトカット作戦その5、予想外の落とし穴の巻 »