« Flickrのサインイン | トップページ | 雰囲気ってのは重要 »

2007/03/16

StealthPlugを使ってみた

ちょいと前の話になりますけどね。
ソフトを買ったんですよ。はい。
StealthPlugってやつ。
はい、ぽちっと押すとメーカーサイトに行きますよ。結構な音が出ますので社内では注意してください(^^;

要は、エレキギターとパソコンを繋げるUSBインターフェイスです。
Stealthp
こんな感じ。

なんつったってチョクでMacにつっこめるわけですよ。
ふぅむ。便利そうぢゃん!!

さて。ギターをパソコンに繋いだって、そのままでは余り意味がありません。
やっぱり「アンプ」になってもらわないとね!

ってなわけで、チューブアンプのシミュレーターもバンドルされております。
その名もAmpliTune 2 Live
Ampli

なんとも「らしい」ユーザーインタフェイス。
いい雰囲気です。
アンプも細かく設定できます。
マイクの位置も変えられるし。

もちろん、エフェクターだって充実。
Stomp

なんて分かりやすいんだ!
うっはっは!

んでもって。
さっそく使ってみたんですけどね。。。。

。。。。

どーも、、、ダメかも(^^;

なんつーか音が悪いのだよぅ。
綺麗に繋がらないんです。

設定でバッファサイズを決めるんですが、これを64にすると、音の途切れ感が大きいのです。
128だとまぁマシになって、512ぐらいにするとかなり滑らかな「普通の」サウンドになりやす。

けどね。
そのバッファサイズだと、レイティングが激しくて、音が一息遅れて出てくるんですよ。。。。

ちなみに、PowerMac G4 1.5Gで使っております。
マシンパワー的には余裕のよっちゃん、のハズ。

どーも決まらない。
いつも使っているLINE6のPOD2とは比べものにならないんだなぁ、これが。

ま、値段が値段なので当然なのかもしれませんが、ねぇ。
音の途切れる感じは正直気持ち悪いんです。
レイティングの大きい音は論外。
ディレイぢゃないんだからさ。


AmpliTubeの出来が悪いのか?
フルバージョンのやつならまともなのか?
本物なら楽器屋さんで試奏できるんだろうけど、これはちょいと試すってわけにも行かないし。。。。

練習にはいいんですけど、期待が大きすぎたようです。
ちなみに13000円ぐらいでした。

--------追記--------

Amplitubeのサイトでは、フルバージョンのデモ版を公開していました。
10日間も試せるのだ!
よぉーし!

ぽち。
。。。。!

なんとそのリンクはNot Found
どうなってんの?
今だけ?

ちなみに、MacOSを使用している方に重要なお知らせが。
なんと、intel Mac以外でOS10.4.9にするとぶっ壊れるんだそうな!!
アップデータの公開を待ってください、ですって。

あーあぶね!
その直前にソフトウェア・アップデートが自動更新しようとしていた矢先だったので(^^;

う゛ーむ。
どうしてこう、オンガク用ソフトってのはずーっと昔から不安定なんだろうね。
CUBASEもイマイチ安定していないし。

ComeOn Music RCP PC88級の安定感を強く望みますです。

|

« Flickrのサインイン | トップページ | 雰囲気ってのは重要 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/14283469

この記事へのトラックバック一覧です: StealthPlugを使ってみた:

« Flickrのサインイン | トップページ | 雰囲気ってのは重要 »