« 三菱北tei防での釣り | トップページ | 陸奥湊駅前市場 »

2007/08/02

トーホグでは一般的なエサ? エラコの使い方

関東ではアオイソメやゴカイ、ジャリメが一般的ですが、八戸では「エラコ」がよく使われます。
山田でも普通に売ってましたから、トーホグではポピュラーなベイトでしょう。

結構なんでも釣れるマルチベイト。
今回の釣行でアオイソメと比較しましたけど、体感としてはイソメの3倍ほど釣れますね。かなりSUGOIエサです。

無脊椎動物、環形動物門、多毛綱だそうだ。ゴカイの仲間といえば仲間?
ホヤとかに近い種って言ってたけど。。。。
食べても美味しいそうです。
その気にはなれませんけどね。

釣具屋さんで1kg/1000円ぐらいの値段で売ってます。
これぐらいで200gかな?
エラコ塊
なんぢゃら絡みつくようになってますが、微妙に固めの「サヤ」が寄り集まっている感じ。

これを適当に解いて、一本だけ取り出します。

で、白っぽい根本(?)のほうを裂いて、固めのアタマのほうからぎゅぅぅむ。
と押し出すワケ。
おしりを破って
根本からむにょー、と出てきました。
うわぁ、気持ち悪っ!

でも、安心です。
アオイソメのように噛んできたりしませんから。
暴れることもなくおとなしーく出てきます。

丁寧にひねり出すと、こんな感じ。
エラコの中味
上がサヤ。
一番下が「中味」。
真ん中のは、オマケ(^^;

この中味を鉤に刺して使うわけです。

左の淡い色側はけっこう柔らかく、ここに鉤を刺すとキャスト切れしたりしますので、右側の茶色いところにちょん掛けします。

一番右には「ふさ」があって、水中で広がるんですが、ココをちぎって使う人も居るそうです。

小物狙いで「アタリがあるのに乗らない!」時は、固めの所を捨てて柔らいところを使うといいらしい。
(遠投は出来ないけどね)

このエラコ、死んでしまうと魅力がありませんから、海水に浸けておく必要があります。
ちいさなバケツやバッカンを用意して、こまめに水を換えて鮮度を保ちましょう。

ちょっと気持ち悪いけど、以外や使いやすいエサなんです。
個人的にはアオイソメの2万倍ぐらいオススメですね。

関東では見かけませんけど。

そーだ。
冬に行ったときには有りませんでしたね、エラコ。
塩漬けになった「塩エラコ」はありましたけど、、、、
季節限定らしい?

|

« 三菱北tei防での釣り | トップページ | 陸奥湊駅前市場 »

海の釣り」カテゴリの記事

コメント

エラコは海からひっかけてとって
無料エサで使用したりもします。

よく地球を釣ると出てきたりも・・・。

投稿: かなやん | 2007/08/03 01:44

>かなやん
え"?自生してるの、これ!
タダで手にはいるなら潜ってでも使わなくちゃね!


夏は。

投稿: いたる | 2007/08/03 10:30

ちなみに漁師さんは昼飯のおかずに食べるそうな。

如何?(ニヤニヤ)

投稿: へらコブラ | 2007/08/03 21:25

>ヘコさん
。。。。。美味しいのか、やっぱり。
う゛う゛う゛んんん。

投稿: いたる | 2007/08/03 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/15982960

この記事へのトラックバック一覧です: トーホグでは一般的なエサ? エラコの使い方:

« 三菱北tei防での釣り | トップページ | 陸奥湊駅前市場 »