« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/30

三瀬谷に向け、出発!

三瀬谷に向け、出発!
したんですが。
バカカーナビに騙され、まんまと大渋滞につっこみました。
駒形から神田橋まで二時間以上だって。
事故渋滞だそーな。

やってられん。
カーナビもワガママ過ぎだっ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/28

ロッド修理です

今回の三瀬谷戦は、やっぱりこう、下向きリールが主力になりそうなのであります。
郷に入っては郷に従え。
ほぼ全員がスピニング主体だもんね。

そんなわけで、先日にはスピニングリールを新調しました!
えーと、キッカーではない方の量販店にて。
だって、4割引セールだったんですのよ(^^;

アルテグラSRがきゅうせんえんチョイで入手出来るチャンスなんてなかなかありません。

とにかく。
そーなると、スピニングロッドが必要になります。
かつてあれほどあった在庫のロッドも、一本欠け、一本折り、やがて希少な在庫となってしまいました。

大体、去年の三瀬谷ではリールごと沈めてしまったし、ティップをパッチリと折ってしまったりと散々だったのです。

ああ、そうだ。
そのままほったらかしていた折れロッド、復活させよう!

と。
いうわけで。

ティップをちょっとだけ詰めて、トップガイドをくっつけました!

Photo

むふふ。
見事に再生!

っても、よーーく見るとガイドが曲がってます。
どーもこの手の細かな作業が苦手。。。。
もちょっと粗い仕事がお得意なのでね。へい。

とにかく、これでFINE LINE 60が見事にふっかつ!
ヨカッタヨカッタ。

。。。。釣れれば尚よしなんですケド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/27

プリプラクティス終了

そんなわけで、またしても三瀬谷ダムに行ってきたわけです。
帰りは9時間掛かりました。
渋滞さえ何とかなれば良いんだけどなー。
夏休みだし、来週も険しい移動になるんだろーなー。
特に帰りは。

さて、今回も本田木屋から出船でしたが、その公園の欄干にて出迎えてくれたのは、、、
 
 
せみ。
 
 
セミ、羽化中です
 
うわぁ!
まさに今、羽化したばっかりだ。

続きを読む "プリプラクティス終了"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/26

これから帰りまふ。

これから帰りまふ。
みえ川越まで下道で行ってみようっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/07/25

またしても三瀬谷

またしても三瀬谷
プリプラクティスですが、何か?

ってか。
先週とはうって変わって釣りにくいんですよ。
中流域にアオコ出てるしドロっとしてるし。
上流のバスは相変らず。
素直なので初日の朝イチは効くかもね。

早めに上がって仮眠してたら。
豪快な雨音でたたきおこされました。
今は普通の雨ですが、状況は一変してそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/23

エレキ、修理・移植・やっつけ?

先日ぶっ壊したアーマチュアですが、
なんともう新品が届きました!
週明け発注なので、翌日に来ちゃったことになるわけで、、、

流石はブランズウィックグループ!
部品供給が確かなのはトーナメンターアイテムとしてはなにより心強いね。
(ってか、モーターガイドを使う利点ってココなんだな)

さぁ、おニューのアーマチュアをご覧あれ!

新品アーマチュア

いんやー、光り輝いている。
ピカピカですってば!

鈍い光りを放つコミュテータ。

汚れを知らないコミュテータ

ん〜。
おニューって綺麗だねぇ。。。うっとり。

これも、一度全開でブン回せばスグに焦げ焦げになってしまうのだが。

続きを読む "エレキ、修理・移植・やっつけ?"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/22

謎の飛翔体現る!

日食。
でんでん見えませんでした。
松戸地方はどっしりとした雲に覆われ、ドコに太陽があるかもワカラン状態。
多少暗くなったという気さえしない、そんな残念なお天気でした。
折角の珍しい現象でしたのに。

さて。
先日の三瀬谷では、それには遠くおよばないモノの、珍しい事がありました。

なんだか近くで「う゛ぅぅぅぅぅぅぅ」という音が。。。
な、なんだなんだ?

その正体は、これ。

謎の飛翔体

でっかいトンボ!!!

続きを読む "謎の飛翔体現る!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/21

渋滞はキライ!!

性懲りもなく、三瀬谷ダムへ練習に行ってきました。
にしてもな〜、無駄に遠い気がしないでもない。

その最大の要因は、「渋滞」ですよ、じうたい!
っつたく、出発早々やってられねー!

行きの渋滞

カーナビをちょいと信用してしまった為に、都内を抜けるのに3時間もかかっちった。
その後は順調だったとは言え、9時間かかってようやく三瀬谷到着。

続きを読む "渋滞はキライ!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/18

バー・エルグランド、本日のお客様

バー・エルグランド、本日のお客様
いしーくんです!
エレキは、コントロール回路がぶっ飛びますた。
明日、修理に行く予定。

※追記
コントロール系はもちろんのこと、アーマチュアそのものが終了しておりました。
そんなに負荷を掛けた覚えはない、、、こともない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フットコンエレキ、死亡。

フットコンエレキ、死亡。
107lbs.絶命しますた。
とりあえずバラします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三瀬谷とうちゃく

三瀬谷とうちゃく
なんと9時間かかりました。
都内を抜けるのに3時間!
ちかれるねー。

そんなワケでバー・エルグランド三瀬谷店、深夜営業です。

もう閉店だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/16

寄せ集め?エレキ移植大作戦

来る三瀬谷戦に備え、、、、

スペアエレキを用意すっぺな。
そんな気分になりました。

丁度良い具合に、先月ぶっこわれたBLUTE762が転がっていたので解体。

移植につぐ移植

こいつが息絶えたのは、ブラシユニットの破損が原因です。
ま、予測した通り。
あれから3年使いましたから予想以上に頑張った訳ですね。
(ってかその前に直せよ!)

取り急ぎ、手持ちの部品でなんとか、、、、
あ。ツアーシリーズのブラシがあった!

んで、取り付けネジ穴のピッチが違うけど、穴を延ばしてむりやり取り付けてみました(^^;

ブラシ周り交換

くっつけてから言うのもなんだけど。。。。

大きさが違うぢゃン!
ブルートとツアーぢゃぁコミュテータの太さが違うのね。
当然ブラシの横幅も違う。
なんとか付けたのはいいけど、ブラシが太すぎてコミュテータを跨ぎ過ぎるわけだな、こりゃ。

ダメだ。。。orz...

とりあえず、この部品はなんとか換えるとして。
アーマチュアもグテグテですから。
コミュテータ研磨するっきゃ無いね!

ってなわけで、いつもお世話になっている「ひみつ工場」にて、コミュ研!

コミュテータ研磨

例によってくそデカイ超弩級旋盤にてひゅぃ〜ん!と切削!

ん〜、いつもの事ながらすんげー仕上がり!
ついでにTR-107のコミュもひゅい〜ん!してもらいました。
おまけに、107のケースも戴いてしまい、あれこれイタズラ作戦が大幅に上方修正されてしまいました!

まー、手持ちの部品に限界があるのでパズルが複雑になっただけなのかもしれませんが。。。

現状ではフロント55lbs.(実出力82lbs.相当)
リア82lbs.
という組み合わせですが、いくつかの部品をそろえれば
フロントもリアも107lbs.(ただし穴グロ)も可能、、、かもしんまい。
その場合は?
バッテリ3×3に制御系1で、まさかの七発積み!!!!

マヂで????ななはつ?

それだけでシーニンフ沈まね???

前後兼用なら4発か。。。
どうなんでしょ?容量は保つのあかな?燃えね?

謎は深まるばかりではありますが、時間のあるうちにイロイロ試しておくべきなのかも。。。

とりあえず。
火災には気をつけようっと!(本気)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/15

峰正寿、大破!!

なんと!あのMINEちゃんが!
大怪我をして入院中との知らせが入りました!
噂によるとボラだかレンギョが頭に刺さって抜けないだとか???

とりあえず、大急ぎでお見舞いに行ってみたら、、、、

ああっ!、こ、こんな姿に!!
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む "峰正寿、大破!!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/12

サルサ、覚え書き

フレッシュサルサ、好きです!
トマトの旨味、タマネギの甘みと刺激、そしてピリッと来る辛さ。
あれこれ試してみて、簡単でイケてるバランスが見えてきたような気がするので記録しておきます。

材料。
Photo

○タマネギ中 3/4個
○トマト 小なので3個
○ピクルス KNAXのやつ、2本
○ニンニク 2片
○塩 小さじ1
○こしょう 少々
○ルイジアナ ハバネロソース 小さじ1
○オリーブオイル エキストラバージン 大さじ1強

にんにくは予め細かく切っておきます。
あとはざっくり切って、トマトはヘタを取り、フードプロセッサでガー!

ほんの数秒でできあがり!


Photo_2

うひ。
ニンニクが効いてるぜ!
水っぽいのが難だけど、イタリア風のポモドーロってサミットで売ってないんだよう。
メキシコ風のトマトなんて見た事すら無いし。

今日は冷製に作ったパスタに絡めました。
パルメジャーノをバリバリ掛けて、オリーブオイルを回しかけて完成。

写真はありません。
食べちゃったから。

ああ、美味しかったぁ。

どこぞの百円ショップで買ってきたハバネロソース、酸味がとても少なくて使いやすいね!
また見つけたら買っておこうっと。
フードプロセッサは掛け過ぎ注意。
大粒が残ってしまうぐらいが敵頃の様子。
3秒、返して3秒ぐらいかもね。

以上備忘録。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/11

三瀬谷で見かけたナイスなボートたち

三瀬谷というフィールドは、奇麗なボートが多いんです。
エレキオンリーであり、シャローの溶岩帯に乗り上げる事も無く、アシ原に接する場所も少ない。
基本的にショアラインからディスタンスを取る釣りでもあるので、、、
ガリガリぶつけることも少ないわけですね。

なら、お化粧のやりがいもあるってもんだ?

そんな環境ですから、皆さん個性を主張されていていい感じなのでありやす。

Photo

いきなりフルラッピング!
マスターズの北山君の船ですが、インクジェット印刷のラッピングです。
マゴコロデザインさんの制作と書いてありました。
ずどーん!と白で抜かれたマゴコロデザインさんのロゴがいいですねぇ!
そのバックも凝った作りで素晴らしい!
インスパイアされますね、はい。

お次は、どこかで見たような。。。

Photo_2

かつて、レイクミードで見かけたアレですね。
ベースはクイントレックスのV12なんですが、コマンチラインが良くお似合いであります!
カッティングシートで加工されたこのボートは、仕上げが素晴らしく美しい!
トレーラまで含めたトータルデザイン、デッキやストレージの仕上がりなど、ただ者とは思えない美しい仕上がりにびっくり!

仕事できちゃうぞ。キミ。
(失礼、お名前を聞き忘れてしまいました)

シンプルにまとめられたシーニンフ。

Photo_3

オレンジがベースになっていますが、白く抜かれたポイントが大きすぎないところが絶妙なイメージであります。
それでいて無駄な装飾が無いので訴求力は高い。
うまいねー。

そんなこんなで、ほかにもかっこいいボートが数艇あったんですけど、、、

釣れなかったので余裕無しで、、、撮れませんでしたよぅ。
ココロの余裕って大切なんだよなー。

ま、そーいった三瀬谷ダムなのでありました。
マスターズではもちょっと余裕が欲しいけど、、、

やっぱりそれどころぢゃないんだろうな。
ふっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/09

とあるP.A.でのジャンクフード

三瀬谷に向かう途中にある、某嬉野P.A.にて、巨大たこ焼きをゲット!

巨大たこやき?

うっひょー!
直径8cmは有るなぁ。
たっぷりと掛けられたソース、適当に散らされたマヨ。

んふ。いい香り。。。。

アツアツを早速いただきました。
 
 
 
 
 
が。
 
 
 
 
 
残念!

ジャンクフード好きで、あらゆる揚げ物、粉物をこよなく愛すワタクシでありますが、、、

こいつには負けた。

たこ焼きではなく、丸めたお好み焼きに近いかも。
キャベツとか入っている割には味に変化無く、ソース味だけで食すのみ。

厳しい。

生地が、、、生地自体に工夫が無いのだ。
残念です。

ちなみにお値段は一発350円となっております。
話題作りにお一ついかがですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/08

鮎の後は、チャプター奥伊勢宮川に乱入!

鮎を腹一杯に戴いた翌日から、三瀬谷ダムへ移動しました。
琵琶湖で釣りをしなかったのは、少しでも三瀬谷を見ておきたかったから。

到着し、とっととプラクティス。
とりあえず上流を目指す。
コンクリ護岸の鮎センターあたりまで遡り、様子見。
そこから会場あたりまでをざっくりと流してプラ終了。

ほんで、当日。
受付前
受付前の静かなひととき。
お世話になります、福森かいちょー。

さて、三瀬谷の様子はというと、どん曇りでした。
ちょいと涼しいくらい。
水温は23℃台から24℃あたりまでかな?
上流部はがくっと低いはず。

どん曇りの三瀬谷

ってのも、当日は下流域だけをチェックしていたのです。
会場周りから下流スロープ手前まで。

釣れるには釣れる訳だけど、キーパーが掛からない。
ノンキーが先に食っちゃうわけで。。。

的確にいい場所へ投げられていないという事の証明でもあります。

そんなこんなで、バスはたくさん掛けたけど、キーパーはたったの一枚。
あ〜あ。

地元のすばらしい方々。

三瀬谷のお立ち台の皆様

おめでとうございます。

っっつーかね。
オレ以外は全員リミット達成なのですよ。
(ウェイン直前にロケットされた北山君もリミットは作ってた)

それだけでも地元勢の強さを計り知れますね。

時間も少なく、釣果もしょぼしょぼな釣行ではありましたが、なかなかお勉強になる事が多くありました。
またプリプラ入ります。

もちょっと近いところに有れば良かったんだけどなぁ(^^;

いやいや、遠いからこそ。
こんな練習が効くんだね。
そー言えるように頑張ろうっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/07

琵琶湖と言えば、小鮎?

某ニフチーサーブにてそんな名前のフォーラム管理者が居ましたなぁ。

それはさておき、琵琶湖旅行の、もっとも旅行らしいところ。
そうです、おいしい夕ご飯!

いつもお世話になりっぱなしのアクアライト山田しゃちょうに案内されたのは、、、

その名もズバリの「鮎茶屋」さん!
webはここをクリックしてちょ。
オンラインで予約もできちゃうぜ!

日本古来のポストアンドビームで建てられた店構えはなかなかの風格です。
鮎茶屋さん入り口

続きを読む "琵琶湖と言えば、小鮎?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/06

プチ琵琶湖旅行

先週末は、所用で琵琶湖まで行っておりました。
ええ、釣りは無いんです。時間的に。
極めて残念ですけど、あくまでも所用のためなのです。

まー、なんにせよ琵琶湖大橋で200円を支払うのも久しぶり!

琵琶湖大橋より

なんと!!!

琵琶湖タワーが無いよ!!!
 
 
あっら〜、なんだか色々と替わってるんだね。
観覧車はご覧の通り残っているけれど、その周りの施設は何も無く、もちろん観覧車も放置状態。
解体する予算すら無いのか?
でっかい遺物なのか。。。

かつての敷地にはヤマダ電機がそびえ立っておりました。

かと思えば、ほとんど代わり映えのしない堅田の王将!

おーしょー

かつては良く通いましたね。
ポパイと命名された、ほうれん草と玉子の炒め物はまだあるんでしょうかね?
ビールの大ジョッキとポパイと鶏唐揚げがあれば幸せでした。

井筒マリーナ界隈。

井筒マリーナ界隈

代表的なストラクチャが並びます。
見切れているけど、右手にはポパイのアングラーズインがあります。
かつての井筒ホテルですが、、、
もうダレも知らないかな。

そのアングラーズインにあるレストランでお昼ご飯。

勝つカレー

勝つカレー。
こ、、、これは!
キンケイの業務用カレーのテイストではないか。。。。
甘めでとても懐かしい。
昭和の雰囲気が良く出たおいしいカレーです。

っと、ここで。
関根健太に思わぬ再会を!
(写真も無いけれど)
BLOGはここ。
http://blog.kentasekine.com/
ほほー、取材の途中でしたのね。
お互い所用がアレなので長話もできなかったけど、お元気そうでなによりなにより。
DVDも出るんだそーな。
興味の有る方はぜひどぉぞ。

ま、そんなこんなで所用も無事に終わり、ほっと一息。
でも、すぐに移動だ!
クルマにはタックルがごっそり積んであるけれど、釣りをしている時間はないのだー!
大急ぎで長浜方面へ走るワタクシでありました。。。。

続く。       かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきました〜

三瀬谷ダムを出たのが16時半。
ウチにたどり着いたのが、ちょうど24時でありました。
渋滞は嫌いだ。

そんなアレで。
本日の水揚げは、、、、

これだけ。

本日の水揚げ

はい、一枚のみ。
当然の事ながら最下位ですな。はははっ。

いやー、地元の方たちは流石に判ってる。
外さないね。

そーなんです。外しまくり。
何をやって外したかは、内緒です。
これはこれで内緒にしておきませんとね。

釣果には恵まれませんでしたが、それもそのはず。
実りは大きい釣行だったと、、、思いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/04

バー・エルグランド三瀬谷店、開店休業?

バー・エルグランド三瀬谷店、開店休業?
バーテンダーいたるです。
開店したのはいいけれど、お客様がいません。
チョイと淋しいね。

あしたのチャプターに備え、早めに閉店するとしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/03

鮎三昧

鮎三昧
今日は無事に仕事が終わったので、琵琶湖の畔で鮎三昧です!
養殖だけど劇ウマ!

ヨメにはないしょだよ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »