« プチ電車の旅 | トップページ | オタマトーンがやってきた! »

2010/03/24

HOHNER G2T 徹底解剖!

今日はネタに詰まったので、ホーナーG2Tをバラした写真を載せます。
極極一部の方のみにお送りしております。

HOHNER G2T

裏のパネルを開けて、コントロールポット周りです。

コントロールポット

きったねー!
ま、1986年式ですから24年前。
仕方ないか。

っつーかポットがちゃちぃ!
トグルもちっこい。
配線もショボイので、全部替えてやるかな。
っても、ザグリが小さいのでいつものCTSとかは入らないぞ。
うーむ。

トレモロユニットを外す。

ブリッジのベースプレート

ブリッジ本体は手で回すマスターチューンノブを緩めるだけでそっくり外れます。
ユニットは二点のボルトで受けているんですけど、、、

そこが曲がるわけですよ、これが。

ベースプレート単体

この写真で右端に写っているノブを緩めれば、トレモロスプリングごと外れるのです。
スプリングは、、、ドコに行ったかな?

スタッドボルト

スタッドボルト

ここでトレモロユニットを受けるわけですが、曲がってしまうんですね。
ボルトそのものは曲がらないのに、それがねじ込まれているベース自体が曲がるという。。。
鋳物ですから。

トレモロユニット

トレモロユニット

ブリッジでもあり、トレモロでもあり、チューニングギアでもある。
これぞヘッドレススタイルの要であります。
アームの効きも良く、シンクロナイズドより軽く動き、落差も激しい独特のアーミングができます。
スプリングがヘタるまではね(^^;

基本はダブルボールエンドという特殊な弦を使いますが、ご覧のようなアタッチメントを使用することで通常弦が使えます。

ボルト一発で全弦が丸ごと外せるってのも面白い。

ユニットの裏側

トレモロユニット裏側

チューナー部分に裏蓋が付きます。

ブリッジ、ナイフエッジ

先ほどのスタッドボルトに接するナイフエッジだけは、鋼が入れてあるわけです。
さすがに鋳物チョクではありません。

チューニングギア詳細

チューニングギア

単純にして効率的なチューナー部。
意外に雌ねじ部分が少ないけど、今のところ不具合はありません。
実によく考えられたデザインなのです。

さて、ブリッジサドルは、、、

サドル固定方法

イモネジを横から押し込んでむりやり締め上げて固定しております(^^;
強引ぢゃね?

サドル部分です。

ブリッジサドル

シンプル!
ってか、簡単すぎね?

さらにアップ

サドル単体

高さは二点のイモネジで調整可能。
オクターブ調整のスクリューは存在せず、指でぐいっと押して調整します。
隣も動いたりして当然やりにくいことこの上なし。
時間掛ければ出来ますけど。

ま、バラせばバラしただけ「他とは違う」すてきなG2T。
今でもホーナー社で売ってますよ。
ピックアップレイアウトがHHではなくてSSHになってG3Tという名前になっていますが。

折角ここまでバラしたので、ピックアップは替えてやろうかと思ってます。
ポットもワイヤも総交換。
ライブで使えるレベルまで。

どうせならEMG 81と85でも奢ってやるか?
本物に近い音になるはず、、、だよな?
 
 
ってか。
 
。。。。電池はドコに仕込めばいいのやら。
(81 85はアクティブにつき要電源)

|

« プチ電車の旅 | トップページ | オタマトーンがやってきた! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ホーナーG2Tのことで調べていましたら、こちらへたどり着きました。
おしえてください。
手持ちのホーナーG2Tなのですが、6ブロックのサドルが全てありません。
これの入手方法は中古で探すか、ジャンクから取る以外方法はありませんか?
探してもさっぱり見つかりません。
よろしくお願いします。

投稿: まなべえ | 2014/01/21 14:10

>まなべえさん、ようこそ当ブログへ!

サドルのないG2Tは、役に立ちませんね。
確かに中古とジャンクは入手経路としては有りですが、
ここはひとつ、新品を探してみてはいかがでしょうか?
まだG3Tは生産が中止されてからはそう時間が経ってない、、、様な気がしますからw
ホーナーと言えば立派な楽器メーカーですから、部品在庫ぐらいは余裕で有るはずです。
日本ではモリダイラ楽器が販売代理店になってますね。
http://moridaira.jp/hohner-music
とは言え、これは殆どがハーモニカ。
ギターに関しては別の販社が絡んでいるかもしれません。
どちらにしてもモリダイラ楽器と取引のある楽器屋さんに相談されてはいかがでしょうか?
殆どの楽器屋さんは取引が有るはずですよ。

弦が張ってあれば無くさないでしょうが、
一本でも切れてしまうと残りは横から押しているイモネジ一つに運命が託されてしまう構造ですから、とても人ごととは思えません。
無事に入手した折にはまた書き込んで頂ければ助かりますw

投稿: いたる | 2014/01/21 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/47901420

この記事へのトラックバック一覧です: HOHNER G2T 徹底解剖!:

« プチ電車の旅 | トップページ | オタマトーンがやってきた! »