« ムスタング | トップページ | はなび »

2012/08/16

ストリングスガイド交換

昨日に引き続き、ムスタング話題です。

チューニングが安定しない事では世界的に有名なムスタングですが、
それでもチューニングペグを交換してあるので少しはマシなんです。

でも、狂う事には変わりない(^^;

そこで。
ストリングガイドを交換してみました。

Photo


格好がごつすぎるのでちょいと覚悟が要ります。
ノーマルのウイング型の3倍ぐらいに感じます。

でも、ローラーで弦を受けているのが最大の特徴であり、意味のあるところ。
ここが引っかかるとチューニングは合いませんからねー。

アームダウンしたときに動く弦をしなやかに受け流すローラー。
なるほど、軽く回る、、、、ら?、、、ない!

なんだよ、、シャフトのカシメが強すぎて一つは軽く動かないぢゃん(^^;
適当な作りだなぁ、もー。
(ちなみにメイドインジャパンらしい)

まぁいいや、とりあえず着けてみよう。

交換はビス一本。
簡単です。

さっそく弾いてみると。。。。

を!!
ほんとだ!!!
狂いにくい!

今までは3弦とかをチョーキングした後にはアームダウンが必須でした。
これはナットの摺動部が問題だと思ってたけど、、
じつはガイドだったらしい。。。

へぇ〜〜〜、違うモンだね。
これはイイや。
他の弦でもチョーキングによるピッチ降下がぐぐっと小さくなりました。

ローラーは回らなくてもイイらしい(^^;

じーっと見ながらアームダウンしてみても、弦は1/10ミリも動いてないです。
ナット部ではなんとなく動いている気はしますけど。
(とは言え、音程が変わるぐらいだから実際には動いてるハズ)

もしかして、アメデラやアメスタに着いてるノーマルでヨカッタのかな(^^;;;;

ま、何はともあれ、かなり使えるようになりました。
ナットの潤滑、弦の巻き方、ブリッジの位置、テイルピースの高さなどをビシッと決めていけば、このガイドの良さも光ってくると思います。

ってか、その廻りがうまく調整出来ていないとガイドだけ替えても意味ないって事ね。

惜しむらくはこのデカさだなぁ。

ちなみに、サウンドハウスで1000円でした。

|

« ムスタング | トップページ | はなび »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/55439467

この記事へのトラックバック一覧です: ストリングスガイド交換:

« ムスタング | トップページ | はなび »