« 嗚呼ETC | トップページ | 古いエレキをいただいたよII »

2013/04/03

古いエレキをいただいたよ

ギターぢゃありません。
エレクトリックトローリングモーターの方。

とある縁で、貰ってきました。

775

モーターガイド775
MotorGuide Beast 775と言えば、20年近く前に出された当時のフラッグシップ的な高級機種でした。
当時は最強でも24Vでしたから、24-36V切り替え式のコイツは凶悪そのもの。

スラストパワーは65lbs.になってますけど、これってば古い表記なので今で言えば75lbs.ぐらいらしいです。

もちろん古いとは言え、くれるぐらいなのでまともではありません。
ぶっ壊れてます(^^;
外見はボロイね。時を感じます。

なつかしの忍者プロップ2枚もの。

Photo

当時はダグハノン3枚ペラとかマチェットIIIなんてアリマセンでしたから。
んでもこの2枚ペラはトルクを乗せやすくて今でも秀逸だと思う。。

にしてもこのペラ、汚いけど削れや汚れが少ないな。

フットペダルも今とはノンスリップ加工の柄が違います。

Photo_2

当時はツアーシリーズも無かったから、全部コレでした。
1本ワイヤで頑張ってたんです。
ツアーでお馴染みのあのペダルは、この時で言えばマーキュリー・スラスターのペダルそのものでした。
オトナの事情が色々あったんでしょうね、きっと。

なにはともあれ、電池繋いで回してみたですよ。
をを、元気に回るぜ!
。。。。

ひたすら回るぜ(^^;

バリアブルが全く効かず、すべてのポジションで全開になってしまうま。。
危険過ぎるな、この壊れ方。

とりあえずバラして見た。ら。。。

なんと、中身はすげー綺麗!

Photo_3

焼けた跡も錆もない。
ブラシカスも殆ど無い!
ピカピカだぜアーマチュア。
20年の時の流れを否定するかのごとく。。

全然使っていなかった様子ですよ。
あれこれチェックした結果、どうやらモーター内部のデュラアンプモジュールが死んでいる様子です。

Photo_4

巨大なヒートシンクにディスクリート構成で組まれた丸見えのデュラアンプモジュール。
ふるっ!

でっかいヒートシンクが相当の発熱量を予感させますが、その放熱効果もむなしくぶっ壊れています。
この部品、さすがにもう入手不能。
アナログ回路は殆ど絶滅だもんなー。

さてさて。これはどうしたものか。
アーマチュアサイズは今のツアー82と同じですが、
コミュテータがナローサイズなので限界が低いかも、です。

デジタルコンバージョンキットを入れて、
ワイドコミュのアーマチュアを組めば相当使えそうな気はしますが、
部品代だけで軽く6万円以上掛かるしー。

取り急ぎ、デュラアンプモジュールが手に入れば使えそうなので、
しばらくはあちこちでガラクタ掘りでもしてみましょうかね。。。

ああ、愉しい(o^-')b

|

« 嗚呼ETC | トップページ | 古いエレキをいただいたよII »

ボート・エレクトリックモータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/57100118

この記事へのトラックバック一覧です: 古いエレキをいただいたよ:

« 嗚呼ETC | トップページ | 古いエレキをいただいたよII »