« 初めての「やまちゃん」 at 西荻窪 | トップページ | マルタイ旨し(o^-')b »

2018/05/05

【Rhodes Piano レストア記録:4】スーツケースの中身を拝見

ローズ・スーツケースが何故そう呼ばれるのか、
スーツケースがスーツケースたる所以がコレ。

Photo_13

鍵盤の下に構える、
アンプ・スピーカー内臓の箱であります。

ステージピアノだとスラリと伸びたセクシーな脚ですが、
スーツケースは箱。
開かないから書類も入れられないスーツケース。

でも、
中身を見ておきましょうw

っつーか、
きったねぇグリル。。。

本来はブルーがちょっと入ったシルバーなんですが、
色抜けちゃった上に黄ばんでしまい、
悲惨な状況です。

トーレックス磨いたから、
汚れが際立っちゃってカワイそう。

ともあれ、外側グリルを外して、
中身拝見!

Photo_14

12インチのスピーカー4発と、
80wのアンプがちゃんと入ってましたw

スピーカーはFenderブランドのまま。

Photo_15

1975年あたりからFenderから独立し、
Rhodesとして製品が出てたのですが、
こんな部品はそのままなんですねーw

モノとしては当時のギターアンプに積まれてた奴とそっくり。
12T6-10というステッカーが貼ってあったので
Oxford/12T6-10
っぽいけど、
よく見ればこれひとつだけ?

後の3つ(上の写真のやつ)はUtah製そのもの。

アレれれ?
Photo_16

どうやら過渡期にありがちなチャンポン状態www
普段見えねぇからってやりたい放題だな(^^;

まぁいいや。鳴ればヨシw

2

アンプのアップ。

まともなケーブル繋いでいないから確定では無いものの片方は鳴りました。
最悪の場合はアンプ部だけ入れ替えるって手もあるし。。。
なんとかなるだろう。うん。

以上、スーツケースさんちのお宅拝見でありました!

|

« 初めての「やまちゃん」 at 西荻窪 | トップページ | マルタイ旨し(o^-')b »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28812/66692040

この記事へのトラックバック一覧です: 【Rhodes Piano レストア記録:4】スーツケースの中身を拝見:

« 初めての「やまちゃん」 at 西荻窪 | トップページ | マルタイ旨し(o^-')b »