« メスティン | トップページ | SUZUKI DJEBEL 250XC »

2019/06/05

ジェベル、リアホイールハブの穴ほじくり作業!

入手したモタード用ホイールは、
90年代後半のSUZUKI RM125(モトクロッサー)のものでした。

同じスズキだし、ハブなんてそう変わりゃしねぇだろ。

......なんて考えてた自分を殴りたいw

フロントハブはアクスルシャフトが20mmなので、ジェベルの17mmには合いません。
適当なベアリングを見つけて加工すればイイかと思いきや、

そもそもハブ幅が違っていて収まらない。
(RMの方が広いのです)

しょうがないので、RMX250Sのホイールを入手してハブだけ使用して組み替えました。
(アクスル径17mmで全く一緒なのです)

んで、リアホイールについてはジェベルのほうが幅が有りました。
RMのハブだと5mmぐらい足りない。。。

ならカラー作って合わせてしまえばイイかとも思ったけど、
チェーンラインがタイヤに寄り過ぎていてちょっと危険です。

しょうがないので、TS125Rのホイールを入手してハブだけ使用して組み替える事になりました。
けど、アクスル径が17mmなのでジェベルの20mmを入れるにはベアリングを打ち替える必要があります。

そのためには、ベアリングが入るように穴を拡大しなければなりません。

流石にこの作業はオレの手に余ります(^^;
いや、手も足も出ませんwww

こんなときに頼りになるのは、

タクミちゃん!\(^o^)/

Photo_86

ちょっと疲れてるけど、元気ですw

Photo_85

これがハブ。
アクスルシャフトを受ける3つのベアリングが収まるように径を拡大するのです。

そのため、ベアリングやディスタンスカラーの現物を計測しながら超精密図面を書き上げるタクミちゃん。

Photo_87

こんなんでも1/100mmの数字を追う世界であります (⁎˃ᆺ˂) 

ここで最大の問題は、
ハブをどうやって旋盤に固定するか。
コレに尽きるわけです。

あーだこーだ言いながら、
治具を制作することになりました。

Photo_88

チャックに収まっている銀色の謎の円盤。
これが治具。

ブレーキディスクを受ける段差がみちっと収まる寸法に削り出しました。

超ジュラですって。

ディスク固定用の穴を利用し、治具と締結。

Photo_89

これで旋盤に固定できるようになりました。

Photo_90

ハブは鋳物なので芯が出るかどうか心配でしたが、
これで2/100mmの誤差で芯が出ました。

ここまでで約2時間www

肝心のベアリング部分の切削は10分も掛からずw

。。。仕事ってのは下地作りこそキモなのですよ(^o^/

んで、スプロケット側の加工は終了。

治具を外し、裏返して反対側の加工をするための治具加工w
今度はスプロケット位置決め用の段差を利用し、
切削していきます。

んでまた小一時間。

ベアリング部分の切削は5分でおしまい。

いやー、素晴らしいお仕事を目の当たりにいたしましたよ。
タクミちゃん、単なる変態ではないんだぜ!
(知ってたけどw)

Photo_91

さんきゅう!スーパー旋盤!

さんきゅう!タクミちゃん!

 

さぁ、て。
一番の懸念であった穴ほじくり大会も無事に終了です。

あとはベアリング打ち込んでスポーク張ってリム組み上げて芯出ししてタイヤとチューブ入れてスプロケとブレーキディスク付けて組み上げるだけです。

自賠責入れて名義変更行ってくっか(^^)

|

« メスティン | トップページ | SUZUKI DJEBEL 250XC »

くるま・ばいく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メスティン | トップページ | SUZUKI DJEBEL 250XC »