2016/09/06

お通夜

昨晩は、いつもお世話になっているマリーナの、、
藤枝一夫社長のお通夜でした。

それはもう、、突然の別れとなってしまいました。
あまりにも突然の別れで妙に現実感が掴めない。
事実は受け止めているつもりだけれど、ココロの中での乖離がまったく整理できない。
ま、整理できたら乖離とは言わないかw
たかがオレ程度でこれなので、
ご親族方々の心痛や察して余りあります。

ただ、あまり落ち込んでばかりいるとしゃちょーに叱られそう。
こんな時だからこそ明るくやってこうよ!って。

あんなに安全には気を遣っていた社長。
何があったのかはもはや誰にも分からないけれど、
ボートに残された様々な状況から察するに、
増水した霞ヶ浦で普段は見えるような何かが水没してしまい、
その暗礁に乗り上げるかしてのトラブルがあり、
状況を脱する為に衣服を脱いで水に入って対処したけれど、
ボートに戻ることが出来なかった。。。
と読み取れる印象です。

現実に何が起こったかはもはや誰にも判らないのだけれど。

せめてライフジャケットだけでも脱がなければ、とも思うけれど、
水面下にての対処が必要だったとすればそれもやむなかったのかも知れません。

ボート屋を営み、知識も豊富で対応力があったからこその悲劇だったのだと。。
思います。

通夜は盛大でした。
とても多くの方が弔問に訪れ、
社長の人柄が偲ばれました。。。

「いっや〜、しくじっちまったよ、いったるちゃん!失敗失敗。がははは!」
なんていつもの人懐こい笑顔でひょいと現れそうな気もするんだけど、
しばしの別れです。

いままで本当にお世話になりました。
何も返せないままですが。。
合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/07/29

スペシャルツール

先週のプラクティス中の出来事です。

前日プラだったので、
ちょっくら気合入れてカスミを走り、
霞大橋を超えて柏崎近辺でそれは起こりました。

ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!ぴー!!!

唐突に鳴り響くエンジン警告音!
ありゃ?何かがおかしいらしい。
ってか壊れた?

とりあえずオイル残量チェック。
まだ余裕。。。

オーバーヒートなら連続音。
この場合の断続音は、、、

なんだっけ?

こんな時に頼りになるのはアクアライトの山田くん(*^^*)
速攻で電話しましたともw
(忙しい時にスマンです〜)

揺れる湖上、
風で聞き取りニクい状況でしたが、
アレコレチェックしての結論は、、

オイルポンプの故障!でした。

どうやらクランクの回転がオイルポンプにうまく伝わっていない様子です。
さぁて、どうするか。

そのまま走れば、
エンジンは焼き付くことでしょう。
それはまずい。。。
絶対まずい。。。

答えは、、
「ガソリンタンクにオイルを直接入れる」
が正解ですw

混合ガスで走ればいいわけです。
実に単純明快(^o^/

と、は、いうものの。
オイル缶なぞ積んではおりません。
タンクにはいっぱい入ってるけど、ボートに固定されていてガソリン給油口に注げるような状態では有りません。
現実って結構ややこしいのですよw

そこで、
急遽こんなスペシャルツールを制作いたしました!

じゃじゃーーん!
Photo

名づけて、
「頼りにしてるぜ!ジョッシュおじさんスペシャル柄杓ぅ!」

見ての通り、ボート内に転がっていたアンクルジョッシュのポーク瓶をフォーセップで摘んだモノです。

これでオイル給油口からオイルを掻き出し、
手柄杓に取って、
ガソリン給油口から注ぎ入れました。

いやー、テキストにするとたった3行か。
これ、なかなか大変だったんですよw
そこら中オイルだらけになっちまいました。。。

それでも、
この強制オイル混合作戦は功を奏し、
その後は無事にエンジンが廻ってくれました。

よかったよかった。。。

とは言え、
これ直すのメンドクサイっす。
エンジンの腰上全バラにしてクランク割らないと部品交換出来ないという無茶な仕様www

これからは混合ガスの時代ですね(*^^*)

にしても、オオゴトにならずになんとかなりました。
アクアライトの山田くん、ありがとうございました〜〜(^o^/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/11

ヒッチメンバー!

クルマ乗り換えて絶対ヤラねばならないこと。
それが出来ないクルマには乗り換えないこと。
何がなんでもこれだけは譲れない。

それが、

「ヒッチメンバー」

ふっふっふっふふふふふふ!
遂にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

んなわけで、ヒッチメンバーは毎度おなじみDraw-Titeです。
ファクトリーウォーレンの小林さんにお世話になっております。
ヒッチメンバーは各社有れど、強度はもちろんのことスタイルも含めたクォリティーではココで制作されるDraw-Titeが世界最高峰でしょ。
圧倒的な牽引能力、専用設計から来るフィッティングの良さ、美しい仕上がり、そして高いコスパ!
他に選択肢は有りません。
有ったら教えてくれ状態w
思い起こせばランクル60、パジェロ、ランクル80、ランクル100、フィリー(エログランド)と、オレ歴代使用車の殆どにDraw-Titeを装着しておりました。
なので、今度のハイエースも迷うことなくDraw-Tite一択でござんす。

それが遂に来たわけですよ\(^o^)/
いぇーーーーーー!

。。。ま、来たってのは比喩的な表現で、
実際にはファクトリーウォーレンまで受け取りに行ってきたわけですが。。

Photo

こども110番の家になってた。。。
ヤバくなったら逃げ込もう。
こんな社長さんが保護してくれる、、鴨。

Photo_2

白髪増えましたね、小林さん。
あ、いや、お互い様ですが(*^^*)

で、肝心のモノはコレです。

Photo_3

ハイエース100系のコレは、昔ながらの分割式。
それなりのフレーム的な部分がモノコックといえど存在するので、
先代エログランド(いすゞ・フィリー)E50に比べたら実にシンプル。

そして、取り付けも楽(*^^*)

(と言いつつも一箇所穴を開け直しましたがwこれはクルマのロットによってしょうがないレベルです)

早速取り付けて、、、
ってかクルマが泥まみれで苦労しましたw
21年前は新車だったという歴史、
降ってくる埃で否が応でも思い知りましたよw

仕上がりは、ちょっと引っ込んだ感じで目立ちませんね。

Photo_4

なにげなーく付いてます。
でも、2000lbs.ですから!

これは公称値なので、実際にはもっとイケルはずですが、、、
クルマのブレーキが追いつきませんので良い子は無茶をしませんように!

なにはともあれ、
これでようやくカタチになりました。
細かいことはおいおいやっつけるとして、
釣りに行ける準備が出来たというわけですw

さて、来週からはカスミ通いかな〜〜(*^^*)
小林さん、色々とありがとうございました\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/01

新たなる生態系?

ちょっとだけ、、のつもりでボートカバーを掛け忘れたら、、、、

新たなる生態系が出来上がっておりましたw

Photo

満面の水をたたえるボート。

(^^;

いやー、考えてみれば当たり前か。
3週間ばかり放ったらかしていたからねぇ。

バウをがつーんと上げておけば良かったんだけど、
ちょっと手を抜いたらこの有り様。

かなりの重量です。
びくともしません。。。

そーだ。
バッテリーとビルジポンプで、、、、
ドコにあったかな。
ゴソゴソ。。。

とかやっている間に、
matsuさんがそこらへんに落ちていたパイプでモノの見事に水抜きをしてくれてました(^o^/

Matsu

こちとら、重いバッテリーとビルジポンプをヨタヨタ運んでいる間に、
機転と知恵で見事な水抜き!!

さすがです!
科学の勝利!
サイフォンの原理です!

matsuさん、ありがとうございました(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/27

トレーラ車検

今年も車検行って来ました。
トレーラは毎年だからなぁ。。。

ま、アルミボートのちっこいトレーラは色々手間無くていいんですけどね。

Photo

下回り検査、、、をしているわけでは有りません。
単に通過してハンコもらってる時のカットw

今回はウインチの高さにケチ付けられました。
ボートに合わせてフレキシブルに変えられる機構の位置に文句つけるとは。。。。

と言っても始まらない。
その場でボルトを緩めて下げましたとさ。
(いたる、国家権力に屈服す)

ともあれ、無事終了!

Photo_2

またボートに合わせて調整しないとね。。。
┐(´-`)┌. ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/13

ギアオイル交換

プリプラの塩梅もふるわないのですが、
なにはともあれボート整備は大切なんです。

ってなわけで、
昨日はギアオイル交換!

Photo

このロアケースはぶっ壊すと大変高価なので気をつけなければなりません。
ギアオイルはマメに替えるに越したことは無いのです。

ドレンプラグがプロペラを外さないと出てこないのがちょっとメンドクサイ。
普通は横っ腹に空いているんですが、
これはこれが仕様ですから文句を言ってもしょうがないw

にしても昨日は暑かった。。。

朝のうちは草刈りやってましたけど、
気温の上昇とともに効率の悪いこと悪いこと。

休憩、多く取らないと参っちゃうよw

挙句、ガス欠にて途中終了というおまけ付き。
草刈りの続きは来週の月曜日までおあずけです。

どうでもイイけど、今日も暑かった。。。
でも、今日の風は心地よかったなー。
湿度が低い感じで。

風も強かったから釣りには向きませんがね。

さて、あとは台風が気になるキナル気になるなー。
妙な所に上陸しないでね、マジで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/04/16

エレキへんきゃくー

タクミちゃんトコから借りてたエレキを返却に行ってきました。

Photo

パンタレイ・クラフト&アーツ、スペシャルチューンの109デジタル。

全開でガンガン廻しましたがビクともしませんでした!
タクミちゃん、ありがとね(o^-')b

そしてこれ。
以降は「世界のToshi」が使用することになります。

そうです、あの、、、並ki、、、、ではなく。
利忠ね。
鈴木利忠。

このエレキの活躍を祈りましょうwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/26

船検、そしてライトアップ!

なんだろう?
ヤマを超えたはずなのにピアノ練習の時間が全然作れないぞ。。。

まぁともかく。
昨年4月の三瀬谷戦以来、ずっと眠っていた「ペンチ号」ですが。

船検もまんまと切れておりましたw

ってなわけで、JCI千葉支局まで行って船検受けてまいりました!

Photo

特に問題もなく、無事に検査通過ですw
エンジン積んでますけど、
このエンジンが活躍するのはいつの日か。。

なんてなことを考えながらエンジンを降ろします(^^;
三瀬谷仕様には要らないのだ!

にしても。
船検の作業は全部合わせても30分ぐらいしかかからないのに、
千葉のあの辺りは渋滞が面倒だ!
朝から動いて、柏に戻れたのは結局3時ぐらい。
ほとんど一日仕事ぢゃねーかまったくw

立地を恨んでもしょーがないんだけどさ。

さてさてさて。
あれこれ有りましたけど三瀬谷の支度も整った感じです。

っと。
そうそう。

トレーラの安全対策をしないと。

ゆーアレで。
LEDにてライトアップいたしましたよw

Photo_2

看板工事で余ったLEDを貼り付けました。
ちょっと明るすぎたので下向きに。

写真は露出の関係で派手に見えますが、
実際にはもっとおちついた派手さです。

高速道路等を走っていると、
隣車線から真後ろに入ろうとする輩が居ますからね。

これなら「何かある」と気づいてくれることでしょう。

よぉし。準備完了!
三瀬谷行くぜぃ(o^-')b

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015/03/23

ようやく超えた、、、らしい。そしてボート整備!

なにやら慌ただしい怒涛の日々が、
どうやらようやくヤマを超えたらしいです。

ちょっとは時間が出来てきて、
ボート整備をすることが出来ました。

Photo

対三瀬谷用シーニンフ!
長い眠りから覚めて頂きましょう!

。。。ホントはもう一艇のシーニンフ、
「ハスラー」
で行きたかったんだけど、
ライブウェルやデッキ作りからやってる時間が全然無かった。。。

おまけに予算もなかったw

そんなアレで、復活の「ペンチ号」

Photo_2

ってか。
随分ラッピングもヤレてきましたなぁ。
このデザインもそろそろ最後かもねー。

無くしたタックルは残念だけど、
某白猫さんがロッド2本貸してくれたwww
リールは新品発注したし。
超思い入れのあるロッドはベックルタリーで見つけたし。

なんとか一歩ずつ進んでおりますよ(^^)

あとはピアノの練習を遅まきながら再開だぜっ!
いぇい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/06

ボートカバー、粉々。。

ちょっとまえからなんですが、
アルミボートのカバーが粉々になってました。。。

強風の日にイッキだったのかも。

Photo

ぐでぐでです。
ま、考えてみれば8年ぐらい使ってるはず。
もしかするともっと古いかも。。。

どちらにせよ、大往生でしょう。
大役お疲れ様でした。

ってなわけで、新調です。

Photo_2

ラビオスボートカバー、プロショップケイズ仕様。
これでしばらくは安泰ですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧