2017/02/13

【悲報】絵に描いたような失敗

教訓:思い込みの火加減絶対禁止。必ず目視にて確認のこと。


Photo
 
 
※追記:この後、スタッフの人が根性決めて食べきりました。よいこはまねをしないでね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/02/08

おうちピザ、大革命!

ピザ、好きです。
3食ピザでも生きて行ける気がします。
(ほんとにやったら飽きるだろうけど)

でもね、
このニッポンという国で、
そこそこ旨いピザを食おうとすると、、、

高いです。

なんだってたかが庶民食であるピザに
何千円とか払わねばならないのでしょう。

気取ってんぢゃねーよ! (⁎˃ᆺ˂)

そこで、
しかたなく自作する流れになるのですが、
そーするとどうしても超えられない壁の存在に気づくのですよ。

焼いたことのある貴方なら、
(matsuさんな)
もうお気づきでしょう。

それは、

オーブンの温度。

こりゃもー、キツイです。
大抵の電気オーブンは最高温度が220度前後。

ピザを焼くには低すぎるんですねぇ、これ。
石窯は400〜500度だって言うもんな。

そーすると皆さんそうであるように、
「石窯どっかに組めないかな症候群」になってしまうわけですよ。

でもね、
トカイに住んでる者としては夢みたいなことなんですね、石窯って。

しかし!だ。
ワタクシは、この度。
縁あってこんなピザ焼き機を入手したのですよ!

ぢゃぢゃーん!

Photo

ビタントニオ VGO-55 ちゃん!
(長いので以後ビタちゃん)

なんとこいつ、
最高温度400度を誇るオーブンなのです!
無茶だなぁwww

ちなみにイタリアでもスペインでもない、日本ブランド。
製造は中国w
(フカイ工業のFPM-160と同じ、、ってかOEMと思われる)

構造はシンプルそのもの。
上にも下にも電熱線があり、
タイマーでコントロールするだけ。
分かりやすいですね。

特徴的なのは、
石盤プレートってのがあって、蓄熱する要素があるってとこ。

まぁ、能書きはイイからとにかくビタちゃんで焼いてみよう。

ってなわけで、生地を練ってトッピングのせて。。。

Photo_2

ま、ここまではいつもと同じ。

その間に予熱15分。

釜が温まったところでピザを載せ、
蓋閉めてタイマー5分にセット。

覗き窓があるので観察出来るのが面白い。
投入して1分もしないうちにチーズが溶けて、
あれよあれよと言う間にグツグツしてきて、、、

煙上がってきた!

やばくね?

あと1分ちょい有るけど、
慌てて中断!

蓋をあけると、、、

これ(o^-')b

Photo_3

をを、うまそーに焼けた。
3分ちょい。

さっそくピザカッターで切り分ける時に、
今までにない感触に驚きます。

生地、さっくさく!
(底はちょっと焦げちゃったけどな)

切り分けて手に持つと、
しっかりと具を支えるピザ生地。

食べてみると、、、

カリッと焼けてるし!
驚きの旨さ!!!

これはもう、
気取ったお店で喰らうピザそのものだ!!!

とにかく、
適当に捏ねた生地なのにクリスピーで旨いのです。

そうそう、
ピザは生地を喰う食べ物なんですよw
今までのおうちピザでは考えられない食感と旨味。

これスゲエ。。

いやー、感激しました。
サスガは400度。
ビタちゃん超すごい。
この21世紀のデジタル時代にあって、
電熱線とタイマーだけのスーパーアナログなオーブンが、
これ程までの感動を生むとはね。

ピザ好きの人は今スグwebへ。
1万円ちょいぐらいです。
後悔しないと思うよ〜(*^^*)

とりあえず、
石窯はしばらく要らないやw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/25

釜飯釜炊飯

そう、読んで字のごとく。
先日割ってしまった釜飯の器を見つつ思ったのですよ。

「そうだ。飯を炊いてみよう。コレを使ってできるだけ手っ取り早く。」

実を言うと、以前にもこの器で炊いたことあるんだけど、
普通に炊こうとしてそりゃぁもう大失敗。
吹き始めたら火を止めても止まらず、
コンロ廻りが色々と賑やかになりました。

その時に学んだのが、
「お米を炊くときには蒸らすとき以外は蓋しなくてもなんとかなる」でありました。

んで。
今回のテーマはズバリ。
「思い立ってからご飯を口にするまでの最短調理法を、釜飯釜を利用して探る」であります。

下準備無し。
昨日から水に浸しておいたこのコメをぉ、、、とかも無し。
テイストも二の次。
芯が残らず炊ければヨシ、というレベルでのトライです。

1
(美味しそうに見えるけど芯が残ってまずかったヤツw)

そして数日間にわたる壮絶なトライ&エラー。
(文字にしてしまえばたった1行なんだけど、そりゃぁ色々とありましたともw)

ようやく1つの結論に達しました(^^)/
ここに記したいと思います。

●釜飯釜に水180ccを入れ、火に掛けます。初めは弱火。のち中火。
●給湯器のお湯を使いボウルとざるで無洗米130ccを軽く洗米して浸水8分。
水切りし、煮え立った鍋に移します。
●3分程でぐらぐらと茹だるのでゆっくりかき混ぜ、蓋を2cmぐらい開けて乗せます。
火を弱めて5分加熱。
●その後消火し蓋を閉めて蒸らし12分。できあがり!


これで大体30分ってとこ。
まー、ぎりぎりですかね。

お米の量は1号の7割ぐらいに減らしたので豪快な吹きこぼれも少なくなりました。

反面、沸騰が早すぎるのでほぼ弱火オンリー。
一食分としては十分な量かもです。

7

ただね、、、
やっぱり美味しくは炊けません。
お米の香りとか甘みとかは何処かに蒸発しちまってます。
4号ぐらいをちゃんと炊いて、一食分ずつラップして冷凍しておいた方がずっと美味しいし現実的。
(ってか普段はそうしてます)

あくまでも時間がないときの奥の手という所でしょう。

【結論】
釜飯釜は器として使え!

でありますw
おぎのやの釜飯だって、この器で炊いてないからね。単なる器ですからね。
直火炊きの釜飯屋さんの釜はもっと大きいからね。アルミだし。

以上、自由研究結果報告会でした(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2017/01/18

お弁当救出大作戦

週明け月曜の朝のこと。

朝は何かと慌ただしいです。
この日も朝イチからの打合せがあり、
そそくさとお弁当を作り、
資料を持ってクルマへ乗ろうとしたとき、、、

あろうことか手が滑ってお弁当が落下!

愛用している釜飯の器が鈍い音を立てて割れました orz.....

すぐさま戻り確認してみると、
モノの見事に割れてましたよ。。。

ただし、粉々ではナイです。
作り直す時間はないし、
予備鍋はあるし、、
ってことで

ひっくりかえして割れ鍋を取り除き、
破片を探して外してから、

おニューの鍋に入れ替え成功(^^)/

Photo

ちなみにメニューは野菜炒め中華丼風。

うむうむ。
予想以上にうまいこと収まった!

って喜んでお昼食べてたら、、、

ジャリッ....

あー、やっぱりなーw

慎重に食べ進めると、
取り切れなかったカケラが。


Photo_2

なんだよこれ!
えらい鋭利ぢゃん!!

あぶねーあぶねー。
破片舐めてると怪我するレベルだぞコレ。

ま、小さいのはガジガジかみ砕いちゃったわけだけど。。。w

釜飯釜はちょうど良い大きさなのだけど、
落とすと厳しい、という現実をおもいしりましたとさ。

Photo_3

いままで釜であったもの。
長いことありがとう。
忘れないよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/07

しょーびき餅

もう餅も無くなってしまったけれど、
写真が残っていたので記しておく。

皆さんは、しょーびき餅をご存知だろうか。

桂川家の正月には絶対欠くべからざる存在、
これがなければ年が始まらない。
それがしょーびき餅。

これだ!

Photo

餅に塩ジャケを載せて食す。
語源は塩引き餅から来ているらしい。

とは言え、この名称を知ったのは最近のこと。
それまでは呼び名など一切気にすることなく普通に食べていた。

鮭の旨味と塩加減が、わずかに焦げた切り餅の香ばしさと相まって実に美味。
まさに相乗効果のテイスト。

が、ごく最近気づいたのだ、、、、

この食べ方は一般的ではないらしい。

どうやらごく一部の地域性を持つようなのだ。
具体的には茨城県。

そう、
母が茨城原産なのである。
何の疑いもなく幼少から慣れ親しんだ味なのだか、
地域独特の調理法だったとはつゆぞ知らなんだ。

とは言え、
これはとても美味しい。
実に堪らぬ食べ方なのだ。

ご存じない方は是非ともお試しいただきたい。

焼き上げた切り餅は
中央から少々伸ばしてシャケを乗せる面積を稼ぐと尚良い。
海苔はお好みで。
醤油は不要。

ちなみに、
実家に帰ると必ず鮭が出る。
それも鮭カマ。

Photo_2

これもまた見飽きた日常である。
なので、
一般的な鮭の切り身は少々味気なく感じてしまうのだ。

閑話休題。

ともあれしょーびき餅は旨い。
そして、此れを食らうと
新しい年を迎えるのだな、と。
しみじみと実感する年末年始の自分なのである。

(ちょっと気取った文体にしてみたけど疲れるな、コレw
んでも、んめーからやってみ!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/05

そして、最後の、、、

先月20日に捌いたビワマスも、もうコレが最後。

冷凍しておいたヤツは正月に親戚一同で美味しく平らげました。
とても好評でしたよ。
んまいもんね。

で、
捌いた兜の半身を塩振ってキッチンペーパーでくるみ、
ジップロックに格納して冷蔵。
翌日ペーパーを取り替え、
そのまま、、、
気が付けば二週間チョイ経ってましたw

(専門用語で”忘れてた”とも言う)

まぁ、少々の不安もあったけど、
香りが悪くない。
ってかいい幹事!

やいたぜ!どーん!

Photo

ひゃっはーー!
味が濃縮されて、
お上品なビワマスがワイルドな旨味の塊となっておりました〜〜〜!

んーむ、これ最高!
酒のアテにはピッタリです。
焼酎だね、焼酎!

ただ、、、
ビジュアルほど食える部位が無いのが辛いトコ。

たまにスーパーでもサーモントラウトの兜を安く出してたりするから、
見つけたら買っとこうっと。

鮭類はほんと棄てるトコ少なくてイイね(o^-')b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/22

うまうま!

へへへっ。

塩振って2日置いたビワマスですw

Photo

ホームラン!
ってヤツかな(o^-')b

仕上がりは薄塩ってトコ。
身の甘さが際立ちました。

ひっひっひっ。

焼酎のも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/20

久しぶりに、ビワマス!

釣ってきた訳ではありません。
琵琶湖の漁師さん(噂によるとアクアライトというボート屋もついでにしているらしいw)から送っていただきました(*^^*)
ありがとうございます。

じゃーん!

Photo

キレイな琵琶鱒ちゃん!
輝いてます!
ヒレなんて尖っちゃってもーw

早速ぶち捌いて、
刺し身で!

Photo_2

ん〜〜〜〜〜!
雑味のない上品な味わいから溢れ出す旨味のハーモニー(*^^*)
堪りませぬなぁ。。。

引いた皮は塩してグリル焼き。
臭味無縁で旨さ爆裂!

中骨やら各種ヒレ、ハラスなどはまとめて味噌仕立てのアラ汁へ。

Photo_3

ひゃひゃひゃひゃ!
最高(o^-')b

関東ではめったに食べられないからなぁ。

残った半身、アタマとカマは塩して冷蔵しました。
しばらくは愉しめそうです(*^^*)

山田くん、ごっつぁんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/09

さんまうまいな

秋刀魚シーズンインなので、
ここのところ秋刀魚をよく食します。

だって、んまいんだもの(*^^*)

今日は塩焼き。

Photo

(※故魚のプライバシーを配慮し、画像には高度な加工を施してあります)

んむんむ、おいしひ。
焼いてもいいし刺し身も旨い。
なめろうにするとこれまた堪りません。

ああ、
炭火でやきてーーー!

にしても9月だっつーに、
お値段が高めですねぇ。
早く落ち着いてくれないかな。

そしたらバーっと焼きまくるぜ!
(作業場にて)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016/08/15

初物、秋刀魚ちゃん!

ぷへぇ〜〜っと、なんか脱力してます。
どうやらライブ終わってプチ燃え尽き症候群。
思いの外、気合入れてたんだな〜と今更ながら。

さて。
先週辺りから出回り始めましたが、値段がお祭り状態でした。
ちょっと落ち着いたけど、それでも一尾298円。。。
寿司にて美味しく頂きましたが、
秋刀魚パーティーはもちょっと先かなwww

Photo

まだまだイワシも美味しい季節だし、
鯵もイケます。

とは言え、鰯だとイマイチ地味だよね。
炭火で焼くと美味しいんだけど、
秋刀魚ほどのインパクトに欠けます。

刺し身が絶品だもんなぁ。

ともあれ、
来月になれば一尾76円とかで買えるお店も出てくることでしょう。
脂の乗った秋刀魚を喰いまくれる日も遠くないぜ!\(^o^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧