2018/02/17

つい、ポチってしまったColeman Peak 1

いやー、なんかねーwww

先日アップした442はオレ的ガソリンストーブとしては3代目でしてね。
30年ほど前に初めて買ったのがコレでした。

P1
Coleman Peak 1
Lightweight Backpack Stove Model 400A

まぁ、442とほぼ同じといえば同じなんですけどね。
何が違うって、そりゃーあなた。

2レバー。

P12

赤いメインバルブのレバーと、
現行モデルには存在しない火力調整とクリーニングのための黒レバー。

これが実に優秀なんだ。

ってかオレの442も強引に2レバー化してあるので、
実質何も変わりゃしないんだけど、、、

なんつーか当時を思い出して思わずポチっとなw

そんでもってコレ。
なんとまだ火を入れていないのです!

その証拠の、、、
キレイなバーナーボウル!!

P1_2

銀色のやっすいメッキがバッチリ残ってる。
赤ガスで焚いたら一撃で真っ黒ですw

そーいや当時の初代ピーク・ワンも、
ココが錆びすぎたなー。
ジェネレータもパッキンが終わり、
脚も曲がり、
あちこち歪んでお役御免になったのでした。

その後、
軽量なMSRウィスパーライトを購入したのだけど、
火力調整が出来ないのが面倒で放置。

ついには二代目ピーク・ワン(現在所有のもの)購入となったわけです。

現行442等の1レバーでも、そこそこ火力は調整できて、
MSRより使いやすかったし、ね。

(とはいえ、やっぱり2レバーでしょw ってことで改造な)

そんな2レバーだけど、
実は致命的な欠陥があります。

それはね、

ここ。

P1_3

レバーの根本のパッキン。

寿命が終わると燃料漏れして火だるまになります(ノД`)~゜。

赤レバーの方は、最近ではOリング2重仕様になって安心なんですけど、
黒レバーは構造上熱を持つのでゴムやシリコンでは対処しきれないのでしょうね。

グラファイトのパッキンが組まれているんです。

カーボンですね。
言うなれば、鉛筆の芯!

なので、上の写真の「スキマ」は大事なポイント。

鉛筆の芯は潰れながら密閉する仕事をこなすので、
ガンガン締めたら即終了。

燃料漏れたら、
漏れなくなる最低限で締め上げるのが最良というワケ。

当然スキマは空きます。

っつーか、隙間なく締め込んであったら、
もう寿命はしれている。
あるいは終わってるってコト。

しかも!
そこだけ部品で出てないので修理不可!
ジェネレータ交換にて対応というお高いコース。

いー塩梅でバンバン焚いてると、
ジェネレータが熱くなって
この黒レバーからぽったぽったと炎が垂れるのです\(^o^)/
とんでもない仕様w

知らない人はビビるよな。
というか対応悪いと火災だよな。

そんなリスクがあって、
現在では廃止されちゃったのかもしれないですね。

さて、
刻印はコレ。

P187

87年製ってことでイイんだよね、きっと。

31年前。。。

オレ、何やってたっけかな?

バイクには乗ってたなー。
ツーリングで、、、

そーだ!
そもそもツーリング先でコーヒーでも淹れようと、
GIポケットストーブ買おうとしてたんだ!

当時はミリタリーショップで安く出てたんですよ。
ありふれていたので3千円も出せばまともなやつが入手できた時代。

でも、
バイク仲間のセンパイが、
それはちょっと扱いにくいからマシなヤツってことで教えてもらったのがコールマンのピーク・ワンだったというワケ。

そーだね、GIストーブは火力調整出来ないもんねw
ご飯焦がした哀しさとか知らないだろメリケン人。
(火力調整とかより炊き方の問題だろ!という正論は受け付けません)

。。。

思えば随分な時が過ぎたもんだ。

そしてコレはいつ火入れしよう。。

もったいなくて出来ねぇ(ノД`)~゜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/24

アニメ三昧

ここんとこBLOGの更新をサボってドップリとアニメ三昧なのでありました。
ようやく一巡して一段落しました。ほっ。

涼宮ハルヒの第二部あたりからなんだか火が付いて(?)、matsuさんにビデオ借りてピーク。
BACCANO!
フルメタルパニック
魍魎の匣(もうりょうのはこ)
そして、、、これ。

放課後ティータイム

けいおん!

これってば、見始めたときには「これは無いか」と思ったんだけど。。
ちょっと趣味ぢゃないというか、なんというか。

しかし、バンドやってた人にはちょっとたまらない。
大抵のアニメもんの楽器描写ってのは、かなりいい加減なモノなんだけど、、、けど。

けいおん!の書き込みはすげぇ!
ってか、異常?

とにかく、ツッコミどころが殆ど無いのです。
イイところ突いてるのね、ことごとく。

ギターやベースは当然のことながら、一瞬しか出てこないギターアンプがぎっちり書き込まれていてビックリです。
その機種選択も絶妙!
ムリにデカイやつとかじゃなくて、15Wクラスだったりして「そーだよなー」と納得するようなしないような。。。。

大体、りっちゃん隊員のドラム。
ヤマハのヒップギグですって!
可搬性を重要視したシンプルなドラムセット!
タイトルバックにもどどーんと出てくるし。。。
(難を言えば、そのシーンにだけフロアタムが追加されているんですが、あれってスツールぢゃないの?)

少々マニアック過ぎです。
特にメジャーというわけでもないけれど、個性の強いヒップギグをチョイスした制作陣には感服いたしますね。
(それも後期型だしぃ)

しかもね。
音楽いいねぇ(^^;
CD買ってしまうぐらい。

ええ、マーチャンダイジングにはめられておりますとも(^^;
いいじゃん。けけっ!

そんなわけで。
あれこれアニメを見まくって、
週末の化物語を心待ちにしている今日この頃なのでした!
    ↑
  これ、快絶におもれー!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/09/20

特殊加工機械

少々変わった加工機械のあるところに行ってきました。
特殊工作機械
それなりに大柄のボール盤です。
昭和45年の作、と書いてあります。
結構なお年ですねぇ。
 
で。
これは汎用性の高い機械ですが、専用機になっております。
 
使っているところ。

ぐぃるぐぃる
 
穴、ほじってます。
もう、
「気が変わったからそれ要りません」と言えなくなった瞬間です。
 
いやぁ、いろいろ考えましたけど。
買っちゃいました、ボウリングのタマ。
どのみちヨメにつきあってこれからも通うんだろうからねぇ。。。。
 
ま、ぼちぼち転がすとしましょ〜。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/04/17

実験は続く

トラックバックってのの正体が未だにちとわからないわたくし。
そんなときは実験あるのみ!

標的は、ヘラコブラ坂さんね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)