2018/02/20

Lowgun

くぅぅ。。。。

XIII巻までは裸眼で読めたのに。

XIIII巻からはコレが必須になっちまった。

Photo

まぁ、
XIII巻出たの3年前だけど(^^)

この1年ぐらいで急激に近くが見えなくなってきたですよ。
あぁ悔し。

このヒャクエン眼鏡。
いい仕事しますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/17

つい、ポチってしまったColeman Peak 1

いやー、なんかねーwww

先日アップした442はオレ的ガソリンストーブとしては3代目でしてね。
30年ほど前に初めて買ったのがコレでした。

P1
Coleman Peak 1
Lightweight Backpack Stove Model 400A

まぁ、442とほぼ同じといえば同じなんですけどね。
何が違うって、そりゃーあなた。

2レバー。

P12

赤いメインバルブのレバーと、
現行モデルには存在しない火力調整とクリーニングのための黒レバー。

これが実に優秀なんだ。

ってかオレの442も強引に2レバー化してあるので、
実質何も変わりゃしないんだけど、、、

なんつーか当時を思い出して思わずポチっとなw

そんでもってコレ。
なんとまだ火を入れていないのです!

その証拠の、、、
キレイなバーナーボウル!!

P1_2

銀色のやっすいメッキがバッチリ残ってる。
赤ガスで焚いたら一撃で真っ黒ですw

そーいや当時の初代ピーク・ワンも、
ココが錆びすぎたなー。
ジェネレータもパッキンが終わり、
脚も曲がり、
あちこち歪んでお役御免になったのでした。

その後、
軽量なMSRウィスパーライトを購入したのだけど、
火力調整が出来ないのが面倒で放置。

ついには二代目ピーク・ワン(現在所有のもの)購入となったわけです。

現行442等の1レバーでも、そこそこ火力は調整できて、
MSRより使いやすかったし、ね。

(とはいえ、やっぱり2レバーでしょw ってことで改造な)

そんな2レバーだけど、
実は致命的な欠陥があります。

それはね、

ここ。

P1_3

レバーの根本のパッキン。

寿命が終わると燃料漏れして火だるまになります(ノД`)~゜。

赤レバーの方は、最近ではOリング2重仕様になって安心なんですけど、
黒レバーは構造上熱を持つのでゴムやシリコンでは対処しきれないのでしょうね。

グラファイトのパッキンが組まれているんです。

カーボンですね。
言うなれば、鉛筆の芯!

なので、上の写真の「スキマ」は大事なポイント。

鉛筆の芯は潰れながら密閉する仕事をこなすので、
ガンガン締めたら即終了。

燃料漏れたら、
漏れなくなる最低限で締め上げるのが最良というワケ。

当然スキマは空きます。

っつーか、隙間なく締め込んであったら、
もう寿命はしれている。
あるいは終わってるってコト。

しかも!
そこだけ部品で出てないので修理不可!
ジェネレータ交換にて対応というお高いコース。

いー塩梅でバンバン焚いてると、
ジェネレータが熱くなって
この黒レバーからぽったぽったと炎が垂れるのです\(^o^)/
とんでもない仕様w

知らない人はビビるよな。
というか対応悪いと火災だよな。

そんなリスクがあって、
現在では廃止されちゃったのかもしれないですね。

さて、
刻印はコレ。

P187

87年製ってことでイイんだよね、きっと。

31年前。。。

オレ、何やってたっけかな?

バイクには乗ってたなー。
ツーリングで、、、

そーだ!
そもそもツーリング先でコーヒーでも淹れようと、
GIポケットストーブ買おうとしてたんだ!

当時はミリタリーショップで安く出てたんですよ。
ありふれていたので3千円も出せばまともなやつが入手できた時代。

でも、
バイク仲間のセンパイが、
それはちょっと扱いにくいからマシなヤツってことで教えてもらったのがコールマンのピーク・ワンだったというワケ。

そーだね、GIストーブは火力調整出来ないもんねw
ご飯焦がした哀しさとか知らないだろメリケン人。
(火力調整とかより炊き方の問題だろ!という正論は受け付けません)

。。。

思えば随分な時が過ぎたもんだ。

そしてコレはいつ火入れしよう。。

もったいなくて出来ねぇ(ノД`)~゜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/02/14

燃焼テスト

先日の鴨鍋のとき、燃料漏れから危うく大炎上するところだったピークワン。

Oリングをチェックしたらまともそうだったので掃除して組み上げ、
テスト。

あら、異常ナシ( ^∀^)

無理矢理2レバー化してあるので弱火も出来ますw

Photo

ふむふむ。
安定して青火になってるなってる。

でも、
スペアのOリング、
調達しておこうw

【※注意】よいこは室内で焚いてはイケマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/12

証明問題、いや、照明問題

久々に鴨鍋やりました!

Photo_2

鍋の写真は無いんだけど、
美味しゅうございましたw

んで。
そのときに、
会場内をランタンで照らしたんですよ。

ええ、わざわざガスランタンで。

なんつーか、
アウトドア的なイキフン、
盛り上がるでしょ?

作業場は蛍光灯なもんで、
イマイチなんだねー。

ふふふ。
中華ランタンも買っちゃったしw

Photo_3

あれだ。
スノーピークのコピーもん。
2000円ぐらい。

でも、
しっかり光りましたw

同様のEPIgasのやつも炊いて。

2灯あるとなかなか明るいです。

。。。。でも、
参加者からは苦情がw

みんな老眼すすんだからね....

ってなわけで、
後半は蛍光灯を燦々とともしましたとさ(^^)


はっはっは。
にしても、

ランタン焚いたの、
何十年ぶりだろうw

これぐらい普段何の役にも立たないモノってのも、
ちょっとめずらしいですwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/05

シュラフ

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
いや〜、寒いですね。
あまりに寒いので、
寝袋に入っていもむし生活になっております。

んが。

ココのところの寒さはそれでも厳しく、
さらに布団を掛けて寝ている有様であります。

これ以上寒くなったら、
車中泊用の寝袋持ってこないとな。。。

って、
そう言えばその寝袋、最近調子悪かったなってことを思い出しまして。

チャックがね、締まらないってか途中から裂けるってか布地に食い込むってか、、、

とにかくしっかり締まらないのであります。

さむ~い日に寝返りうったとたんにぞわっと開いてしまう恐怖。
ぬくぬくから一気に冷寒地獄に突き落とされるワケ。

チャックの金物が摩耗して変形しているのが原因で、
そこを度々ペンチで締め付けつつ騙し騙し使っていたのですが、
先日限界を超えてたんですねー。

コールマンの寝袋、
たったの27年ぐらいしか使えなかったなw

と。いうわけで、
新調しました!

Photo

今度は羽毛だぜ(^o^/
マイナス25度に耐えるとも書いてあるけど、
流石に盛り過ぎだろwww

聞いたこともないメーカーの安物ではありますが、
羽毛はたっぷり入っているようです。

仕舞寸法でも結構デカイしw

最近の寝袋は、パッキングの袋がコンプレッサになっててギューギュー絞れるのね。
袋が裂けそうなんだけど(ノД`)~゜。

まぁ、
7200円だからね。
高望みはしませんよ。
(とイイつつ結構期待してる)

とりあえず、実験あるのみ。
今夜はコレで寝てみます(^^)

※追記

ねてみた!
なかなかのモンだw
首周りを上手く扱えば、
結構な低温でも行けそう!

でも-25度は盛り過ぎ。
ソレだけは間違いないwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/01/23

降ったねぇ〜〜〜

いやー、降った降った。

こちら柏地方は、
都内より幾分ましだったそうですが、
それにしても降った。

_2571

見慣れたいつもの景色が別世界になってました(^^)

これにより、
各所は大混乱。

特に物流は大変です。

頼んでたアレ、
ちゃんと予定通り来てくれよな。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/21

シングルストーブ

今ではシングルバーナーと言わないとダメかなw

EPIgasのシングルです。
釣りを始める前、
バイクでのツーリング用に入手した物なので、
もう30年選手になります。

2555

実にシンプル。
壊れません。

手のひらにすっぽり収まるフォールディング性能!

2556

とは言え、
最近では全然出番ありません〜

釣り場で使うときはガソリンストーブ焚いちゃうし、
キャンプ行かなくなっちゃったし。

でも、
ゆるキャン△みてたら異常に火遊びしたくなってきて、、、

ごそごそ部屋の中を掘ってますw

カセットコンロのガス缶のことをCB缶、
アウトドア用の缶はOD缶と言うのだそーな。
シランかったよ。

で、
その缶をアレする危ないコレも発掘。

2558

何をする為の物かは書きません。

使い捨てガスに再充填するためのアダプタとか書いたらヤバイでしょ。
法令違反とかになりそう。

あ〜〜、
使用は自己責任で!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/13

ジェットヒーター死亡

忙しいときに限ってこんな事が起こりますw

寒いときにはラッピングシートも硬くなり、
施工出来なくなるんです。

もうちょいかな、って引っ張ったときに
バン!
と割れてしまうのです。

そうなると大変なので、少しでも加熱するべくジェットヒーターを焚くんですが、
施工中のクソ忙しいときにこいつが異常燃焼>燃焼停止。

無理にアレコレしても、
灯油まき散らし機になってしまったのでした。。。

2486

とりあえず開けてみるw

ここが心臓のバーナー部。
2487

ん〜〜〜〜〜〜
燃料は順調に出ているし、
点火関連のイグナイターなんかも作動してる。

。。。。。ワカラン!

どうやら空気がうまくない、、、のか?
単純すぎてさっぱりです。

ってか、
コイツにかまってる時間は無い!

しょうがないので石油ストーブ持ちこんで急場をしのぎましたとさ。。。

別のヒーター買うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/31

大晦日

Photo

それでは、カウントダウンセッションいってきまーーー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/26

夕暮れ

2_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧