« CB900F復活への道-その10 フロントブレーキ、マスターシリンダーをいぢる! | トップページ | Fender MUSTANG »

2020/03/29

CB900F復活への道-その11 フロントブレーキ、キャリパーをいぢる!

CB900Fのキャリパーは750同様、年式によって2つに分けられます。

78-80年のシングルポットと81年以降の2ポットもの。
FZ,FAがシングルでFB,FCが2ポットです。

当時最先端の2ポットも21世紀の今となってはちょっと寂しい装備です。
モノブロックなので剛性は十分なんですが、キャリパー自体が左右に振れる必要が有るため、その機構がスムーズに機能するようメンテナンスする必要があります。

ってかココが錆びやすいんですね~w

んで、今装着しているキャリパーは、、、
CBR400F(NC17)のもの。
いわゆる「バッテンキャリパー」ってヤツ。

30mm

ポット径は30mmの2ポット片押しで、機構や容量は同じ。
よって、効きも同じです。

CBX750の32mmだったら効きが良くなるはずなんだけど、ブツが少ないので入手困難なんです。

ちなみに、FBのリアキャリパーは27mmと小径です。
間違えて発注しないように気をつけましょう。
(14年前にやっちまったオレ。。。)

Photo_20200415171901

ともあれ、10年以上放ったらかしなので、ピストンシール、ダストシールは容赦なく交換っすね。
45209-166-006 ピストンシール
45109-166-006 ダストシール

バラしてみたらピストンの錆も目立つので交換っすね。
45107-MA3-006 キャリパーピストン

キャリパー自体をスライドさせるピン(スリーブ)も錆でちゃったから交換っすね。
45111–MA3-006 スリーブ

その原因を作ったラバーのブーツも破れていたので交換っすね。
45133-166-016 ブーツ、ピン

ブリーダーボルトも錆びてるから交換っすね。
43352-568-003 スクリュー、ブリーダー

Photo_20200415171902

ふぅ。これだけでもなかなかの金額になりますだ。
でもブレーキの重要部品だからケチれないよねー。
ともあれ今でも新品が入手できることに感謝であります。

メンテナンスのキモは、
ピストンシールが入る場所の掃除をしっかりとしておくことが大切。
やっぱり時間が経っているからフルードが結晶化したカスがこびり付いていますからねー。
キャリパー自体に傷を付けないように気を使います。

組み立ては簡単。
シリコングリスをシールに薄く塗布してセット。
ダストシールも同様に入れればピストンもスルリと入るのです。

っつーか入らないようならメンテ失敗ぢゃんw

 

新品のスリーブもグリスを多目に塗布してブーツで閉める。
ピンボルトもスムーズにブラケットへスライドするようクリーニングしグリスアップ。

 

はい出来上がり!
パッドはデイトナの安い方だw

Photo_20200415171903

うむ。
金色に輝くキャリパーピストンの美しさよ(o^-‘)b

Photo_20200415172001

。。。と。

一通りメンテナンスを終わらせたのですが、
まだ組付けには至らずです。

 

ってか、もしかしたら使わないかもしれない??

…かもしれないw

|

« CB900F復活への道-その10 フロントブレーキ、マスターシリンダーをいぢる! | トップページ | Fender MUSTANG »

くるま・ばいく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CB900F復活への道-その10 フロントブレーキ、マスターシリンダーをいぢる! | トップページ | Fender MUSTANG »