« CB900F復活への道-その19 遂にクランクケースが | トップページ | DR250Rタンク! Djebel250XC »

2021/05/16

CB900F復活への道-その20 ピストン磨きからぁの、クランク嵌合

とりあえず、せっせと磨くのです。

Photo_20210605204301

モリワキのオーバーサイズ、67.5mmで987ccになるやつ。

2本リング仕様だしコレよりオーバーサイズの設定も無いのでリングもそのまま組みますw

トップリングは懐かしのL字断面(^o^/

 

で、このピストンを入れるべくスリーブを削ると、ギリギリw

Photo_20210605204501

ホンダ車がゼロヨンで勝てないのはこの辺の設計によります。

改造に関する余裕がナイんだよぉ〜

ちなみにこのシリンダーボーリング。
30年前に関町の田中ボーリングさんで加工してもらいました(*^^*)

 

指、疲れた。。。。

Photo_20210605204502

一息ついたら、メタルベアリングのチェック。

プレーンメタルのこいつ、流石に全部交換ですよ。

一応チェックします。

1_20210605204701

クランク側のベアリング計測。

プラスチゲージにより0.05以上である事を確認しますた。

2_20210605204801

コンロッド側も計測。

良好なので取り付けます。

今回はトルクレンチ大活躍だなぁ。

Photo_20210605204801

ふイィ〜。ようやく腰下組み上がりんぐ。
来週はヘッド載せてシム調整できっかな?

|

« CB900F復活への道-その19 遂にクランクケースが | トップページ | DR250Rタンク! Djebel250XC »

くるま・ばいく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CB900F復活への道-その19 遂にクランクケースが | トップページ | DR250Rタンク! Djebel250XC »