« パイレックスの鍋、崩壊。カンパーニュ34号 | トップページ | カンパーニュ36号 »

2022/12/15

カンパーニュ35号は

非業の死を遂げたパイレックス。
悲しんでばかりはいられない。
なぜなら、、、

お腹が空くからだ。。。

なんてな、実はそんなに空かないのだけれど、とにかく焼くのです(^^;

今回のテーマは

「コールドスタート」

です。
予熱ゼロからの焼き込みです。

15分インターバルにてささっと作った生地を、冷え冷えのキャセロールに収めます。

35

で、冷え冷えのオーブンに入れ、250度で30分!

中身だけにして、更に10分。。。。でもなんか薄かったので更に5分。

焼けた!

35_20221215203701

妙なヘソ、エクボがありますが、概ね良好。

んー、焼きがまだ甘かったかも。
皮の感じが薄い仕上がりになりました。

ちょっと柔らかいのも美味しいけどねw

切ってみた。

35_20221215203801

いいねいいね。イイ感じで窯伸びしてます。

高さも有るし。

なるほど、コールドスタートでも焼けるのは焼ける。

ただ、時間が読みにくいwww

うちのオーブンも10年選手で底力に欠けるところがあるのかもしれません。
オーブンのパワーにかなり影響されるところですかね。

もうちょっと実験が必要なコールドスタートでございました。

|

« パイレックスの鍋、崩壊。カンパーニュ34号 | トップページ | カンパーニュ36号 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイレックスの鍋、崩壊。カンパーニュ34号 | トップページ | カンパーニュ36号 »