2022/09/25

で。エンジン搭載からの... CB400SF(NC31)

午前中にボート整備と来週の支度を片付けて、午後からのスーフォアいぢり。

問題のオイルシールが交換できたので、さっさとフレームに積みました。

Photo_20220928163501

どうしてもフレームにはぶつかるので、段ボールで養生しておきました。
ここまでやると快適に作業できます。

一人でヒョイです。軽いって素敵!

下ろすときの逆で、フレーム左側よりクランクケース後方から差し込む感じで。
その後、右回りにヘッド周りを回して収める手順。

エンジンがキマったのでスプロケットを取り付け、チェーンも取り付けましたよ、おニューです。

Photo_20220928163601

スプロケは15-42でツーリング仕様です。
チェーンは525-110でピッタリ。切断無しでした。

ついでにリアのキャリパとマスターシリンダーも組み立てフルード入れました。

Photo_20220928163602

ブレーキホースは安物ですが、なかかの出来でした。
扱いにはコツが居るタイプwww

Photo_20220928163603

マスターシリンダーも中身取り替え。
ビートのバックステップなんだけど、ペダルの動きが悪くてちと難儀しました。
精度が高いのか低いのかワカラン部品。。。

調子に乗ってフロントブレーキもやっちまおうと手を出したら、バンジョーボルトのピッチが違うやつが混じっててアウトぉ!

Photo_20220928163702

こっちのキャリパは付いたんだけど、もう一つはボルトのピッチが違ってた。
ニッシンは1.25mmピッチなんだけど、ブレンボの1.0mmピッチが一個だけ紛れていたという恐怖www

キャリパーのピストンとシール類は前後とも総交換しました。ってか錆びてて使えなかった。。。

Photo_20220928163701

マスターシリンダーはあえてノーマルで行きます。
ラジポンも在ったんだけど、一体式のスタイルもイイもんです。

本日はコレまでです。

| | コメント (0)

2022/09/24

エンジン分割! CB400SF(NC31)

今日は結局台風天気に翻弄され、仕方なくバイクいぢりw

先週降ろしたエンジンをぱかっと割ってオイルシール交換です。

Photo_20220928161901

綺麗に分割できます。

ロアーケース単体でひっくり返っていてもシフトフォークが頑張っているので、カウンターシャフトが大崩壊して落下することもなく、そのまんま大人しく外れてくれます。良い設計ですねw

カウンターシャフトはこの状態では外れませんが、若干浮くのでオイルシールを入れ替えることは出来ました。

Photo_20220928161902

ついでに、ギアシフトスピンドルのオイルシールも替えておきます。

Photo_20220928162701
こんな何百円の部品替えるだけなのになぁ。。。ココまで開けないとなのねーw

バイク屋さんに出せば普通に工賃10万円コースになりますが、まぁしょうがないよね。

とは言えこのエンジン、なんか開けやすいんです。

CB750Fや900Fのエンジンよりぐっとシンプルで整備性がよろしい。

今回はクランクケース下から開けたのでヘッド周りは手付かずでしたが、軽いしシルプルだしカワイイ奴な感じデス。

苦手な液体パッキンを塗って、組み上げて完了!

これでオイル漏れとはオサラバ、の予定(o^-')b

| | コメント (0)

2022/09/23

部品購入 CB400SF(NC31)

スーフォアの部品購入も大詰めです。

今回はブレーキ周りの交換部品。

ピストンもシールも全滅でした。サビサビのガチガチorz...

コレで車検通ってるとか意味不明なんですが、所詮はそんなもの。安全を保証する制度では無いのです。

結果、ピストン全部、シール、ラバー類、マスターシリンダーキット、ブレーキホース等、9割程度が部品交換となりました。
ココだけは念入りにやっとかないとなー。

Photo_20220923114001

ちなみに購入先はヒロチー商事PayPayモール店。

単価が安い上にPayPay払いだとポイントが貰えるのでモノタロウより安いのです。

部品検索が面倒なのが玉に瑕w

| | コメント (0)

2022/09/18

エンジン引っこ抜き! CB400SF(NC31)

ゴールドに塗ったホイールもすっかり乾いたので、タイヤを履かせてバランス取りしました。

今の所、超安物タイヤのデュロくん、悪くないです。

前後とも履き替えたので、車体にくっつけました。

 

ので、、、

 

エンジン降ろしました\(^o^)/

Photo_20220919184903

心臓が無い抜け殻のスーフォアw スリムでよろしい。

これ、Fみたいに平行移動で抜けず、結構苦労しました。

ジャッキで上に上げ、オイルパンをフレーム(サイドスタンドの根本が邪魔なんだが)をかわしたら、クランクケース後方を支点にしてヘッド側を左に回す感じでようやく抜けました。

マニュアル見てもそんな表記はなく、左に下ろすとしか書いてないので意外に時間を食いました。。。。

それと、一人でやっつけたのでフレーム傷だらけwww

まぁタッチアップしよう。

 

で、これ。

Photo_20220919184901

この状態で50kgぐらいの重量なので、一人で持てるのがイイね。

うしろから。

Photo_20220919184902

色々コンパクトに出来ていて面白い。

 

で、ココまで下ろして何するかというと、オイルシールを一つ替えるだけなんです。

カウンターシャフトからのオイル漏れを無くすには、クランクケースを割らないとダメ。。。

ついでにオーバーホールも、なんて考えてません (⁎˃ᆺ˂) 

ヘッドには手を付けない予定!

| | コメント (0)

2022/09/11

スイングアーム廻りてんけん CB400SF(NC31)

ホイールが外れているついでにスイングアームを引っこ抜いてみた。

7万キロ越えの多走行車だから、ココのベアリングを点検するためです。

Photo_20220919182703

抜いてみたら、まぁ!生きてる生きてるw

おそらく27年間ノーメンテな場所と思われますが優秀ですね(^^)

Photo_20220919182702

このバイク、褒められるところは極めて稀デスw

ほどんどダメだもんな。。。

にしても、この汚い汚れは凄い。オイルと泥が積層になっていてへばりついています。掃除が大変だんだよ。

でもね、メリットもあって、その汚れの下は結構キレイ(o^-')b

サビとかは出ないんですよ、泥オイルにパックされていてw

なので、磨き甲斐はあるんです。面倒だけど。

 

磨き甲斐といえば、メーター周りのメッキ部分もナカナカでした。

Photo_20220919182701

このメッキはプラスチックにメッキが掛かっているので錆びないのです。

以外や以外、傷もほぼなく、そのまま使えますね。

ヘッドライトは安物のプラ製。

でも、綺麗に見えて軽量化されるのでイイっしょwww

| | コメント (0)

2022/09/10

ホイール、塗装! CB400SF(NC31)

午後からの作業の合間にタイヤ外してホイールを塗装。

アマゾンで買ったテキトーなゴールドが、ちょいと淡い感じでグー(^^)

Photo_20220919182401

在庫していた上塗りのウレタンクリアを確認したら、なんと勝手に硬化していてゴミ箱行きにorz...

しょうがないのでホームセンターでウレタンクリアのスプレー買ってきました。

明日塗れるかな?

| | コメント (0)

2022/09/08

謎の安物タイヤが来た CB400SF(NC31)

現状のタイヤはダンロップではありますが、かろうじてスリップサインは出ていないぐらいの残りです。

かなり古いようでパターン部分がひび割れてコンパウンドもガッチガチ。

コレで車検通っているとは、、、

とてもじゃないけど使う気になれないw

ので、新品を買いました。

そもそもNC31はバイアス指定のリムサイズですから、リーズナボーなタイヤが結構あるんです。

その中でも抜きん出て安いやつをチョイス。

デューロ。。。。聞いたことねぇメーカー。台湾製。ダンロップの協力企業らしいのだけれど、驚愕のプライス>

¥11,261円(前後セット、税込み送料無料)

Photo_20220908162002

なんとTT900GPの半額以下!!!どーなってんの?

DURO
110/70-17
140/70-17

早速届きましたが、、、コンパウンド硬いなwww

スポーツ系とは言いにくいタイヤですね。

で、WEB友に言われて気づいたんですが、トレッドパターンが、

ブリジストンのバトラックスBT-39と酷似!

いやもうそのまんまぢゃんwww

イイのかコレ?

ダンロップ系じゃないのかよwww

 

そんな謎タイヤ。

なかなか興味深いところであります(^^)

 

| | コメント (0)

2022/09/04

ステア周り組み立て CB400SF(NC31)

フロントサスペンションを組み上げました。

ボトムケースはピカピカ。

インナーチューブは新品。(社外品)

スライドメタルとオイルシール、ダストシールも新品にしておきました。

んで、ステムベアリングも打ち替えて、グリスべったべたにしてステムシャフトを組み付けて、フロントサスを差し込んでからホイールを仮ヅケ。

トップブリッジ周りは新品のようwww

Photo_20220906111202

以外に手間取ったのが新品のインナーチューブ。

社外品で安かったんですけど、内側の精度が低くてきれいな真円が出ていないのです。

その結果、内側をスライドするフォークピストンの動きが悪く、ピストンリングを若干削らないとガッチガチになってしまうという状態となりました。

まぁある程度乗れば慣れるとは思いますけど、純正の内側の精度はかなり高く、覗き込むとその違いがよくわかりました。

安いのには理由が有る訳ですw

 

フロントサスが付いたので、ホイールも取り付けてみたら、、、、

まぁ、貧相!

Photo_20220906111201

もともとグレーだったらしいのですが、退色がマダラで見るからに汚い。。。

んー。

どのみちタイヤは入れ替えるから、ホイール裸になるこのチャンスに塗装しちまおうかな。

あとからそれだけをヤルのは大変だけど、ついでの作業なら効率も良いし。

ってことでアマゾンでスプレー缶をポチりました。

仕上げはウレタンのクリア吹きます。まだ残ってたはず。。。

 

それで足廻りが決まったら、、、

エンジン降ろすかなぁ。

| | コメント (0)

2022/09/03

磨いたら、コーティング! CB400SF(NC31)

それなりに磨き上げたフロントサスペンションアウターチューブ。磨いたままだと、結構すぐにくすんできて、気がつくと白く錆びるのがアルミニウムの特性です。

マニアなら、そんな暇を与えないぐらい磨きまくってワックス保護できますが、こちとらそこまでヤル気はございやせん。

そもそも磨きもそれなり。鏡面と言えるほどの輝きにはしていないところがミソw

ちょっと白っぽい感じが残るぐらいが実はいいんですよ。

トップコートかけるのにw

そうです、クリア塗装するんです。ええ、なんとでもおっしゃい。

今回チョイスしたのは、これ。

Photo_20220903151001

Green Maple MCP3000SP

下地無しで直接アルミにも吹けちゃうらしいので買ってみました。

AKAI MPC-3000と言えばいにしえのデジタルサンプラーですが、全く関係はございません。

さっそく塗装。

Photo_20220903151002

ふむふむ、くすみも少なくて変化はほぼなし。

これで錆びなけりゃオッケーです。

ついでに、トップブリッジのトップだけも磨いて、コート。

Photo_20220903151003

うむうむ。キレイになりました。

乾いたら、フロントサスペンションの組み立てです(o^-')b

| | コメント (0)

2022/09/01

磨き倒し。。。 CB400SF(NC31)

さて、、、

首までモイだスーフォアですが、バラしついでにフロントサスペンションも分解しました。

ってか、コレがバラせなくて時間掛かって大変だったんですよぅ。
インナーが抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて抜けなくて

原因はオイルシールの芯にあるスチールプレートが錆びて膨れてアウターケースの内側にこびりついてしまったため。

加熱したり直接オイルシールを燃やしたり、最後には手伝いに来てくれたあつしの渾身のパワーで分解成功!

半日かかりましたよ。

 

さて、そーして分解できたアウターケース。

サビでボロボロでありました。

Photo_20220901175402

アルミが腐って、ってか錆びている状態なのです。

そこで、あつしに手伝ってもらって(というか、そのほとんどを)変速グラインダーのやイヤーカップやナイロンブラシ、耐水ペーパー各種を使って磨き上げたのがこちらです。

Photo_20220901175401

左があつしが平滑面を出すべく磨きまくったもの。

右は青棒でバフがけしたもの。

ヤバい輝きです。。。

ってかエロいw

アルミもココまで磨くと達成感あってクセになりますねー。
(って、オレは仕上げただけwww)

 

っても、このCBにそんなに手間を割くわけにも行かないのが現実。

時間掛けずにヤッツケる方法、ないかな〜。。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧