2022/09/28

パン・ド・カンパーニュ 5つ目

生涯5個目のカンパーニュ焼き上がりぃ!

5_20220928170701

水切りカゴの模様がキレイに出ておりますw

若干高さが足りない気がするんだけどなぁ。

材料は前回と同じで、ステンレスのボウルを被せて250度15分、外して12分。

ボウルを被せるときに氷を一つ放り込んで蒸し焼きにしました。

 

でも今日の夕飯はお手軽栗ごはん。秋ですから。

Photo_20220928170701

この写真は炊く前。ダイソーの剥き栗と塩入れただけw

ちゃんと美味しく出来上がりました。

ご飯炊くのも久しぶりデス(^^)

| | コメント (0)

2022/09/27

専門店でお買い物

近所に在った専門店「富澤商店」へいってきました。

広くは無い棚にぎっちりと見たことない粉がゴリっと並べられていて、正直わけわからず(^^)リスドォルだけ買ってきました。

Photo_20220928170201

これでしばらくはハード系の材料には困りませんw

おおたかの森はちょいちょい行くけれど、こんな濃いぃお店が有るとは知らなかったなー

| | コメント (0)

2022/09/26

スーパーで買ったパン。。。

凄く久しぶりにスーパーでパンを買ったら、、、

味が無かった orz...

Photo_20220928165401

小麦の主張が極めて薄いんですが、まぁこんなもんだったかもなw

トッピングの味を活かす、ってことなんだろうか?

トーストして少しだけ味が出ましたけど、サンドイッチにしたら不味かったぁwww

ってかさ。ソフトフランスという名称からして意味不明ぢゃん。

最近焼いてるカンパーニュとは対局にあるおフランスパンでした。

| | コメント (0)

2022/09/23

パン・ド・カンパーニュ、四つ目。

今回は「ひげの料理長」の助言通り、最終発酵では布を使わずカゴに油を塗ってみました。

ハケでオリーブオイルを塗り塗りして。

結果、ちょーうまく抜けました!

焼き方もちょっと実験。ボウルではなくて、キャセロールを使って蒸し焼きにしてみたです。

ストウブの鋳鉄鍋を使って焼く方法が色々紹介されていますが、鋳鉄ならキャセロールでもいけんだろ、とね。

なかなかイイ感じで高さが出てました〜♪

4_20220923113501

4_20220923113601

でも、焼けたキャセロールの扱いが重くて熱くてめんどくせぇ。。。予熱も時間かかるし、さらに空焼きも要るし。
なにより大きさがびみょーなので、クッキングシートの収まりが悪くてカタチが窮屈になっちまってます。

ステンレスボウルを被せる方法って、かなりお気軽で便利でエコだったのね。

レシピは前回と同じ。

250度で蓋して10分
蓋外して8分
中身だけにして6分

美しい形とは言いにくいけれど、美味しゅうございます(o^-')b

| | コメント (0)

2022/09/21

材料購入!

ライ麦パンはどこでも売ってるけど、ライ麦粉はなかなか買えません。なので、雨損にて購入です。

Photo_20220921163103

ついでに、中挽きの全粒粉、、、ってのが見当たらないので、グラハム粉を買ってみました。

Photo_20220921163104

似たようなもんでしょう?違う?っつーかグラハム粉ってなんだ?(ラリー・グラハムもグラハム・ボネットもグラハム・ベルも関係無いようです)

更には、準強力粉も入手。

Photo_20220921163102

強力粉よりも弱っちぃ小麦粉?カンパーニュとかのハード系では必須とのことでした。
今までは強力粉に2〜3割ほど薄力粉混ぜて代用してきましたが、いっぺん使ってみないとね、リス踊る。いや、リスドォル。

パン作りの材料って馴染みが無いのでなんか新鮮、、を通り抜けてメルヘンだな〜w

 

で、早速焼いてみたわけですが、最後の発酵で失敗。。。

Photo_20220921163101

布に振る小麦粉が少なかったようで、発酵して膨れた生地がべったりと張り付いてしまい、なんとか剥がしたけれど、やっぱり破れて萎んでしまったですorz...

せっかく高く膨れたのになぁ。

もっと容赦なく粉振らないと、長い発酵時間に耐えられないってことですね。

で、ひげの料理長によると、プラの水切りカゴで代用する場合はカゴに油塗って直接生地を置いて構わないとのこと。なんと!使わなくてもよかったのかぁぁぁぁぁ?

まぁ、次回のお楽しみですね、直接置き。

 

ちなみにこれ、グラハム粉50g、リスドォル200gで作りましたが、味はかなりイイ!

中挽きの全粒粉が作り出す歯ごたえのアクセントと小麦の香り。

こりゃぁ美味いです!

今まで作ったカンパーニュ(もどき)では一番の出来!(味だけ)

ま、3つしか焼いてないけどw

 

準強力粉(リスドォル)200g
中挽き全粒粉(グラハム粉)50g
塩4g
はちみつ4g
ドライイースト3g
水163g(65%)

混ぜて放置30分、
30分ごとにパンチ
整形して、布敷いて粉振ったカゴに入れ発酵60分
(布剥がすときに失敗)
ステンのボウル被せて250度で10分
外して13分

いやー、歯ごたえも味もいーわコレ。グラハム粉面白い!(o^-')b

| | コメント (0)

2022/09/19

パン・ド・カンパーニュ(もどき)再び

今回は専用の発酵カゴを用意して挑みました。
(専門用語でプラの水切りザルとも言う。ダイソーで110円)

二次発酵は水切りザルにて。すごくいい仕事してくれます(o^-')b

Photo_20220919190502

効果抜群!バッチリ高さが出ました〜(^^)

Photo_20220919190501

バリッと焼き上がり〜〜〜!

クープを切るにはもっと鋭利な刃物が要る感じ。。。
次回はカッターに新しい刃を付けてスパッと切ろう。

焼き上がってそのまま透析行ったので味見は今夜までお預けデスw

 

強力粉100g
薄力粉40g
全粒粉35g
塩4g
ハチミツ5g
ドライイースト2g
水123g
ステンのボウル被せて250℃10分
外して12分

| | コメント (0)

2022/09/15

カンパーニュもどき?

カンパーニュ的なハード系を焼いてみたです。
が、、、

発酵不足だったのか、少々重量感を感じますw

Photo_20220919184001

攻撃力高そう?ってほどガチガチではありませんけど、一応ハード系。

粗熱取れてから切っても食べてみたら、美味いな!

こう見えて皮は硬過ぎず、中身は柔らかいです。

Photo_20220919184002

コレはイケてるw

かなり気に入りました。

平べったくなったのは最終発酵に問題があったよーな感じです。どーやら専用の型を使って発酵させるよーです。

 

強力粉140g
全粒粉35g
塩2.6g
ドライイースト2.6g
水123g
250度でステンのボウル被せて10分
外して更に10分

| | コメント (0)

2022/09/13

あんこ食パン、再び!

再びのあんこ食パン!

細長の型を使ったんですが、この型で前回は過発酵させてしまったから、今回は早めにオーブンへ突っ込んでみたら、、、ちぃと発酵不足でありました。orz...

Photo_20220919183701
200度で27分。

巻きはいい感じのぐるぐる具合w

Photo_20220919183702

そして、焼き立ては格別の旨さ (⁎˃ᆺ˂)

うむうむ、満足の出来です(o^-')b

| | コメント (0)

2022/09/07

思いがけない事態

新しいパン型が来たので、早速使ってみたんです。

しっかり油塗って、こびりつかないように。。。

って、、、

こんなことに!

Photo_20220907123801

うわ。型から逃げ出してるし。。。

 

まぁね、実を言うと二次発酵のタイミングを見誤ってたんです。

目を離したスキに発酵がすすんでしまってて。。オーブンの予熱時間でもりもりとデカくなっちった。

なんとか蓋が閉まったのでえいやっとオーブンに放り込んだらこの有様┐(´д`)┌ヤレヤレ

窮屈だったろうなぁ、生地もw

Photo_20220907123802

なんというか紙状に押し出されたこの部分。

食べてみたらパリパリで美味しかった(^^)

コレはコレで有りかな?

 

もちろん、パン本体も美味しゅうございました!

| | コメント (0)

2022/09/02

あん食パン、焼いてみた

昨日の夜、あん食パンを焼いてみました。

強力粉230g
塩3g
卵14g
砂糖14g
バター14g
ドライイースト3g
こしあん100gちょい

これに牛乳160gの指定でしたが、スキムミルク16g+水144gで代用しました。

ら、生地がまとまりにくくて手間取ったぁ。。。

170度で40分。

Photo_20220902104102

若干の発酵不足かな?

んで、今朝になってカットしてみた。

Photo_20220902104101

をぅぅ、、、なんかぐるぐるが足りないw

イメージの半分ぐらいしかない感じ。

そーか、もっと伸ばして伸ばして沢山巻いていかないとだめなんだ。。。

 

と、思いつつトーストしてバター塗っていただきました。

ちょー旨い!!

 

うむうむ。。。

もちょっと横長の型を買って来て、小さく細長いタイプにしないと膨らまないかも。あんこ重いし。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧