2024/04/07

CBミーティング2024 at袖ヶ浦フォレストレースウェイにて

3回目となる今回も行ってきました袖ケ浦!

今回も雨が、、、朝は降っててところどころウェットな路面でしたけどw

なんとか降られずに到着!

Cb_8427

ごらんの曇天。この季節らしいってことでもあるけど。

Cb_8434

どどんと勢揃い。。。

だけど、この後も続々集結し、かなりの台数になってましたね。

Cb_8436

やっぱりFはかっこいい! (⁎˃ᆺ˂) 

Cb_8457

ピット上からの光景。全部は全然入んないw

今回はパレードランが12時からとのことで、相当の方が走られてました。

ってか、参加しないヒトが少数派でしたね。

オレもその少数派でしたけど。

 

今回はその後の所用あって早めに引き上げました。

なにより雨に降られなくてよかった〜〜〜w

| | コメント (0)

2024/03/23

Coleman Model414-700Jを軽くメンテ

しばらく前に入手していたツインバーナー、Coleman POWERHOUSE unleaded 414を軽くメンテ。

30年前のモノだけど状態はすこぶるヨイ。

スッカスカだったポンプはオイルを垂らすだけで復活しました。
(例によってエンジンオイルだけど)

ちょいと奢ってホワイトガソリンを入れて快調にポンピング。

調子良くズバァ!と点火してくれましたー(^^)

414_20240325165401

実にイイ感じ。

4142

うむうむ、頼もしい限りです。

ってかホント綺麗なんだよね、コレ。

タンクの縁に若干の錆が有ったので、軽く削ってサビチェンジャーを塗っときました。

それ以外の本体とかはほぼ錆なし。

元箱も付いてるくらいだから前のも地主さんのマメさが伝わりますね。

 

で、オレの手元で錆ていくという流れ。

しょぎょーむじょーw

| | コメント (0)

2024/02/19

唐突な来訪者

昨日は作業場に溜まった鉄くずやらゴミやらをまとめ、整理整頓をしようと思って軽トラで行ったんです。

要るものとそうでないもの、もう手放そうと思ってたアレコレを引きずり出そうと思っていたら、唐突に中国人の鉄集めニキが訪ねてきました。

ををう、これぞ渡りに船www

様々な鉄屑やアルミ屑やらを引き取ってもらい、長い事眠っていた原付き四輪も積んでもらいました。

Photo_20240219165201
コレは面白かったんだけど、根本的な部分の強度に不安を感じる危険な乗り物なので、手をかけて補強してやろうかと思ってたのですが、もぉイイかなってw

CB750Fの前後ホイールも歪みがあるのでポイです。

Photo_20240219165202
既に結構な量を集められている様子w
バッテリーも10数個あったのですが、コレは流石にタダというわけにはいかず、15000円にて販売しました。

Photo_20240219165203

実際、軽トラで運んで売りに行ったほうが売上は上がるのでしょうが、そこまで分解したり持っていく手間を考えるとなかなか微妙なところ。

下手すれば時間かかり過ぎてマイナスにもなりかねないので、スグに片付くこの手のお兄さん方は頼りになりますね。

Photo_20240219165204
いやー、凄いタイミングで来てくれたもんです。
超能力者かよwww

| | コメント (0)

2024/02/13

ツーバーナー、また買っちった。。。Coleman Model414-700J

っとね。いわゆるアンレデッドのやつなんです。
正式名称は
Coleman POWERHOUSE
Unleaded Camp Stove
Model 414-700J
になるんですかね?
現在所有している413Hとほぼ同じ。
違うのは、レギュラーガソリンも使えるよ、と謳っているところです。
。。。413Hにもレギュラー入れてますけどwww

414
ビジュアル的にはタンクの色がシルバーになっています。
ジェネレータの先端にリブがあるのが414の特徴。ココだけは見てわかるポイント。
ほかは全部一緒!

ジェネレータを分解すると、中のコイル構成が違うとのことですが、そのうちバラして比較してみますか。

414_20240213152901

実は414を購入したのはこれで2度目。
30数年前に新規購入していました。
以来、キャンプでの使用はもちろん、某アパートでの常用ということもありましたねぇ。(入居した物件が電熱コンロしか無かったのでしかたなく、ね)

それも錆びて本体穴だらけになってしまい、その後の413hに乗り換えたわけです。
機能的には全く変わりないので、今回の414が要るかどうかと言われると困るんですが、懐かしくてついぽちっとなw

414_20240213152902

1994年5月製
ヤフオクで3200円、送料1540円でした。
本体に段ボール外装が付いてました。

414_20240213152903
さらに、本体横に装着できるアルミのテーブル、シェフトレイが2枚つき!(写真撮ってなかった)
こんなプライスで良いんですか?というぐらい人気ないんだよね、コレ。

414_20240213152904

当時の定価は29800円、消費税無し。
それがココまで値下げされて。。。(;_;)

プレミアどころか邪魔者扱いしかされない超絶不人気ガソリンツーバーナーですが、まぁ趣味の世界なんでホッとていてください (⁎˃ᆺ˂)

ちなみに、現況ではポンピング不可。加圧出来ません。
けど、タンク内部はキレイに見えますね。サビは無い様子です。
外装に若干のサビが浮いているので、それをどう補修するべきか。
使用感が乏しい極上品ですよ!(自分に言う)

ま、とりあえず点火出来るようにしてみますかねー。

| | コメント (2)

2024/02/07

ダイソーのスパイスケース

って呼んでるけど、「調味料ボトル収納ポーチ」って言うのが正解なのかもしれないな。

しばらく前に買っていたのを思い出して、調味料詰めてみました。

Photo_20240207164601

なかなか良い収まりですよね!

左から、

  1. 七味唐辛子
  2. 粗挽き黒胡椒
  3. オリーブオイル
  4. 醤油
  5. スタミナ源たれ塩味

となっております。

このセット、じつはボトルがちょっと違っていて、セリアで売ってたボトルも混じっていますw

っつーか1.の七味なんて表面のラップを剥がしただけの市販品そのものですから(^^)
容量50ccぐらいの市販調味料ボトルがそのまんま収納できるってのはかなりポイント高いです。

とりあえずこいつらが有れば結構イケるんではないだろうか?

 

んで、使ってみたら中々便利でありますね!

食卓の方にちょいと置いておく系のやーつ。

気に入ったので、もう一つ欲しくなりまして。
早速近所のダイソーを3件巡ってみたのですが置いてありませんでした(ノД`)~゜。

くぅ〜〜〜、既に廃盤?いや、タイミングの問題かも。

 

なんて思ってた数日後、はちきれんばかりに入荷してましたwww

商品ラックからこぼれ落ちる勢いで陳列されてて笑いました(^^)

 

しかも、オリーブドラブ以外に黒も在りました!

どっちにしようか悩んだ挙げ句、、、

両方買いました(o^-')b

Photo_20240207164701

うん、こんなに使わないけどね。

でも後悔はしてませんっ (⁎˃ᆺ˂) 

| | コメント (0)

2024/01/21

ぽくそぉ!

今日は雨なので、新調したダグ缶で炊爨。一番小さいヤツで1合半炊いたけどちょうどよかったです。

あと豚肉。

いささか大きすぎました。

食い過ぎ。。。

Photo_20240122162401

今日も元気なColeman Powerhouse 413H
いつものように赤ガス(レギュラーガソリン)で美しく燃焼しております。

Photo_20240122162501

実は昨日、ダグ缶も買ったんだよねー。微妙なプライスだったけど、新品だからいっかー的なw

3セット揃ったやつの一番小さいやつでご飯炊きました。

Photo_20240122162502

今回の主役、でかい豚肉。迫力ある大きさwww

Photo_20240122162503

普通のフライパンでは収まらないサイズでも、この鉄板ならへっちゃらさ。

Photo_20240122162504

焼き上がりぃ!

絶妙な火入れです。中心部がほんのり赤く残ってます。

これ以上焼くと固くなりますからね〜。

ご飯もうまいこと炊けて、ポークソテーごはん。

豚肉は柔らかくジューシーで最高(o^-')b

。。。

でもやっぱり食い過ぎですってば(^^;

| | コメント (0)

2024/01/20

痺れるほどカッコいいツーバーナー! Coleman Model442A

ツーバーナー買っちった(*ノω・*)テヘ

ちょっとトレファクスポーツ立ち寄ってみたら、なんだか物凄いオーラを放つ圧倒的存在感のこやつに呼ばれました。

Coleman Model442A 2 Burner STOVE USA 1962-64
60年前に作られたものだそうです。(※適当web調べ)

繊細なアルミボディーに残されたキズや凹みがその年月を記録しています。

残念なことに燃料タンクの下部に穴が開いている為、加圧できません。

ま、現状ではね(。≖ิ‿≖ิ)ニヤリ

ちなみに13068円(税込)でした。

本物のヴィンテージ。同い年w

442

442とはいえ、シングルストーブのフェザーストーブ442ではありません。番号同じだからややこしいな。
30年ぐらい違います。

442_20240122164101

ボディーにはキズや凹みがありますけど、そりゃぁ60年経ってるんだもんな。かえっていい味出まくってる。塗装のヤレ具合なんて最高!

Photo_20240122164101

タンクの傷はここんとこ。数ミリの穴だけど、加圧するタンクにコレは致命的。

この穴の空き方は内部のサビからくるものと思われます。鉄板がサビに喰われて薄くなってるわけですよ。

Photo_20240122164102

それ以外のコンディションは良好!使用感が少ないんだよねー。

Photo_20240122164201

このミキシングチャンバー(だっけ?)のキレイなこと。

加圧不足で炎上するとススで真っ黒になる部分なのにな。あまり使ってなかった証拠。

442a

MODEL 442A
MFG BY COLEMAN CO. INC
WICHITA KANSAS

刻印はここだけです。
カンザス州のウィチタにあるコールマンで作った型番442Aだぜ!ってね。

根本的にこのタイプのジェネレータは単純なので、ガソリンさえ出れば全く問題なく燃焼できるはずです。

そのためにもまずは穴をなんとかしないとね。

加圧するタンクの穴だから、ハンダ程度ではちょっと心配。ハンダが抜けたらマジ火の海になります。。。

かといって溶接も薄くなっている以上難しいかも。大穴作りそう。

 

ロウ付けかな〜〜〜〜。

| | コメント (0)

2024/01/17

初めてのパーコレーター

そーいえば、ウチにもパーコレーター在ったんだよな。完璧に忘れてたけどw

Photo_20240117152301
どこぞのリサイクルショップにて数百円で買ってきたヤツです。琺瑯引きの鉄製。

だたし、蓋の真ん中がクリア素材になっていないので、どれぐらいの抽出度かがワカラナイ。
よって忘却の彼方に行っていたんですが、なんか探したらすぐ出てきたw

なにはともあれ淹れてみよう。置き場が無かったので練習台の前でやる。豆はいつもの業務スーパー:ラグジュアリッチ、モカブレンド。

Photo_20240117152302

とりあえず、タイムモアC2の48クリックという超粗挽きにて淹れてみました。こんな粗いの初めてだよ。

ポットを火にかけて、沸いたところでバスケットを投入。

Photo_20240117152303

が。
なんだかよくわからない。クリアキャップではないから、そもそも湯が上がってきているのかすらわからない。。。

適当な時間で蓋を開けて様子をみてみたら、ぜーんぜん抽出できてねーーー!
そもそも湯が廻ってねーーーー!!

粉が湿った程度、一部はカラカラのまま。

最初の水が少なかった様子です。一人分って淹れられないのかもw

Photo_20240117152304

しょうがないので湯を足して、また火に掛けて5分ぐらい?
ようやく紅茶ぐらいの濃度になったコーヒーみたいなのが出来ました(^^)

Photo_20240117152305

その昔、キャンプで友人が淹れてくれた濃くて苦いヤツとは全く違う仕上がり。
うっす味。だけど不味くはない。旨味はあるよ!これでいいの?
紅茶にしか見えないけど味はおもいっきりコーヒー。旨味もあるよ。

なんだこれ??

Photo_20240117152306

美味しく淹れるには試行錯誤と時間が必要の様子です。

| | コメント (0)

2024/01/15

赤いフュエルボトル、装着!

先日購入した赤いフュエルボトル

装着してみましたよ!

Photo_20240115181301

いやー、かっこいいな!!

やっぱり赤がよく似合います。

見慣れたストームブレイカーのイメージがガラリと変わってなんか輝いてる!
(※当社比)

もうこのビジュアルだけでご飯食べられますね。

んで。肝心のポンピング回数は、、、、

狙い通り減りました(o^-')b

体感ですが、回数が半分になった感じです。うん、すばらしい。

 

ただ、それとバーターになるんですが、点火時のスタート位置での息が続きませんwww

ジェネレータが冷えているときはポンピング圧力だけで燃料を霧化させる構造なので、点火時には結構な空気を食らうわけです、が。

ボトルがちっこくなったぶん、気圧がみるみる下がる的なコトになり、追加ポンピングが増えました。。。

 

とは言え、ちゃっちゃとポンピングすればいいだけのこと。って、ポンピング回数が増えてるじゃねーか!

とお嘆きの方もいらっしゃるでしょうが、トータルではやはり減ってますからご安心をw
(※これも当社比)

 

小さくなって思いの外パッキングに余裕が出たのもイイ感じです。

これからもバンバン燃えていただきましょう!(o^-')b

| | コメント (0)

2024/01/14

中華ケロシンランタンの復活

今を去ること6年近く前。

衝動的にポチってしまい、部品取り用のランタンも入手していたわけですが、、、、

大放置かましてましたε- (´ー`*) フッ

ってのも、こいつら買った翌週にはビラーゴ250をこれまた衝動的に買ってしまい、以降はバイク熱再燃と相成ってしまったわけです。

いつかちゃんとイジってやろうと思いつつ、ひっそりと作業場にて時を重ねていたケロシンランタンたち。

ひっさしぶりに灯油入れて点火しました!

Photo_20240114133001

あっかるーーーーー!
相対的に周りが暗く映るのはカメラの仕様なのでご勘弁を。

これは部品取り用で売ってたシーアンカー製のものです。元気です!

んで。

新品で買ったバタフライ製のランタンは、、、

そーいや一度も点火してなかったですよねw

ガラスのホヤを保護するプラスチックのわっかが付いてた状態でした。輸送中の保護のやつ。

当初これがなんだっけ問題になって悩みましたけど、外せばイイだけでしたw

さっそくマントルを取り付け、アルコールでプレヒートし、点火!

したけど、調子悪い。。。。

Photo_20240114133601

マントル下部から煤けていて全然明るくないです。

ちなみに、左がバタフライ製、右がシーアンカー製。
超そっくりですが、同じものです。ブランド名が違うだけ。

ともかく、ネットでその手の情報を探してみたら、解決しました。

燃料の灯油が少なすぎたんですね〜〜〜〜

それなりに給油してみたら、神々しい光を放ち始めました!!

Photo_20240114134101

この写真はランタンの光のみです。部屋自体は真っ暗なガレージです。

あっかるいねー!

6年越しに無事に点火できて何よりです(^^)

Photo_20240114134401

バタフライのロゴ、なんかカワ(・∀・)イイ!!

| | コメント (0)